Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

ガーデニング

オオデマリの花が咲かない3つの原因と初心者でもできる対策をご紹介

投稿日:2022年3月17日 更新日:

オオデマリに花が咲かない原因は大きく分けて

  1. 剪定するときに花芽を切り落としてしまっている
  2. 日当たりが悪い
  3. 水やりが足りない、土が乾燥している

などがあげられます。

オオデマリは、紫陽花にも似た、やや小さい手毬のようなかわいらしい花をたくさん咲かせることで知られる樹木です。

成長が早く、見た目にも愛らしいことからも人気ですが、ときどきその花が咲いてくれないケースがあるようです。

この記事では、オオデマリの花が咲かない場合に考えられる原因と、その対策について書いていきます。

もし、ご家庭で育てているオオデマリに花がなかなか咲かなくて悩まれている場合は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。



オオデマリに花が咲かない原因①剪定するときに花芽を切り落としてしまっている

オオデマリの木に花が咲かない場合に、最も考えられる原因は剪定するときに花芽を切り落としてしまっているということです。

基本的にはオオデマリは自然のままでも樹形が整って育つことがほとんどなので、特別な剪定はあまり必要ありません。

しかし、成長がすすんで葉や枝が混み合ってくると、風通しが悪くなったり日が当たりにくかったりして、成長の妨げとなってしまうので、その場合は剪定をしてあげる必要があります。

枝が混み合っている部分をよく見ながら、傷んだ葉などを中心に、間引く感じで剪定してあげましょう。

オオデマリが花芽をつけ始めるのは7月から8月ごろなので、剪定はなるべくそれより前の時期にするほうが良いのですが、もし夏以降に剪定をしたい場合は、くれぐれも花芽を切り落としてしまわないよう気をつけてください。

ちなみに、基本的には長く伸びた枝(徒長枝と呼ばれるもの)には花芽はつきません。

短い枝に花芽がつき、徒長枝には花芽の代わりに葉芽がつきます。

そして翌年、またその葉芽から短い枝が伸びて、そこに花芽をつける形で成長していくのです。

この成長の仕方を理解したうえで上手に剪定をしてあげれば、ぐっと花が咲きやすくなりますね。

オオデマリに花が咲かない原因②日当たりが悪い

オオデマリは鉢植えでも育てることができますが、横に広がって育っていくので、どちらかというと地植え向きの樹木です。

日当たりが良く、できるだけ肥料分を含んでいる場所に植えてあげるようにしましょう。

半日陰でも育ちますが、あまり陰になりすぎないよう気をつけてあげてください。

ほかの植物と同様に、日光が足りていないと、花が咲きにくいのはもちろんですが葉や枝も生育不良になってしまいます。

元気に育つよう、最初に植え付けるときにちょうど良い場所を探してあげてくださいね。

先ほどもお伝えしましたが、オオデマリは横に広がって育つ植物なので、横幅をしっかり確保できるよう、スペースに余裕をもって植えてあげるようにしましょう。

オオデマリに花が咲かない原因③水やりが足りない、土が乾燥している

オオデマリは丈夫で育てやすい植物ですが、極端な土の乾燥には弱いのが特徴です。

地植えの場合は夏場には特に注意して、地面が乾燥してひび割れたりしないよう、朝または夕方に水をしっかりとあげるようにしましょう。

また、最初の植え付けのときに、土が水保ちの良い土であるかどうか確認しておくのも大切なポイントです。

水はけが良すぎる土では、オオデマリの場合は乾燥したときに生育不良になるので、これも花が咲きにくい原因のひとつになってしまいます。

できれば植え付ける前に土を掘り起こしてあげて、腐葉土を混ぜ込んであげると良いでしょう。

こうすることで土の乾燥を防ぎ、オオデマリが元気に育ってくれます。

オオデマリを育てるためのポイント

オオデマリ(大手毬)の原産地は日本。

スイカズラ科ガマスミ属の樹木で、初心者でも育てやすいと言われています。

最初に挙げたように、オオデマリの花を咲かせるうえでもっとも大切なのは、剪定の仕方に気をつけることです。

オオデマリの花芽は葉芽と比べると大きく膨らんだ形をしているので、剪定するときにはひとつひとつをよく見て、くれぐれも見間違えないようにしましょう。

過剰な剪定をする必要はありませんが、混み合った葉や枝を放っておくと、そこが蒸れてしまい、その湿気から花木全体が病気になってしまうこともあるので注意してくださいね。

基本的には、水やりや肥料も過剰には必要ありません。

あまり構い過ぎないのが、オオデマリを育てるうえでの大切なポイントです。

ちなみにオオデマリは耐寒性のある植物なので、冬を越すための準備も特別なことは必要ありません。

冬の休眠期に剪定をすると失敗が少なく済むので、これも覚えておいてくださいね。

オオデマリに花が咲かない原因のまとめ

オオデマリは、上手に育ててあげれば、その名の通り手毬のようなたくさんの愛らしい花を楽しむことができる人気の樹木です。

花は白いイメージが強いですが、最近ではピンクの花が咲くものもあり、そちらもとても明るい雰囲気で癒されます。

今ご家庭でオオデマリを育てている方も、これから育ててみたいと思われている方も、開花の時期にはそのかわいい花たちをしっかり楽しめるように、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

-ガーデニング