Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

子育て

真夜中に覚醒!2歳の我が子が夜中に起きて遊んでいる…私の解決策を紹介

投稿日:2021年8月27日 更新日:

「どうして夜中に遊び始めるの?」「赤ちゃんの頃は頑張れたけれど、なんで2歳になっても寝ないの?」と思うママは、実は少なくありません。

子どもの成長はそれぞれで、絶対にこう、というように決まりはありませんが、育てているママからすると、「どうして寝ないんだろう?」と不安になりますよね。

赤ちゃんは、数時間寝て、起きて、おっぱいまたはミルクを飲んで、少しだけ起きて、また寝る、というサイクルを1日のうちに何度も繰り返しています。

そこから1歳、2歳と成長するにつれて、「いまは遊ぶ時間だ」とわかったり、寝る時間が伸びたりしていきます。

それでも夜通し寝ないのは「生活リズムがまだ整っていない」ことが要因かもしれません。



2歳の子どもの睡眠時間はどれくらい?

4ヶ月から11ヶ月の1歳未満の子どもに必要な睡眠時間は12~15時間と言われるのに対して、2歳の子どもに必要な睡眠時間は11~14時間と言われています。

2歳頃になると赤ちゃんの「短い睡眠と、食事と、遊び」のサイクルがどんどん伸び、まとまった時間に眠るという生活リズムができ始めます。

たとえば、2歳の子どもが夜20寝て、朝7起きると、それだけで11時間になります。

夜寝るだけで足りるように思いますが、夜寝ない子どもは大人がびっくりするほど寝ないんですよね。

そして寝ない子どもを育てているママにとって、睡眠時間の11~14時間は手の届かないほどの高い理想と感じてしまいます。

実は、私の息子も赤ちゃんの頃から夜寝ない子で、その原因は「生活のリズムができていなかったから」でした。

息子は、夜は早くて23時に寝付いて、夜中の2時か3時に起きて、6時に寝て、9時に起きて、昼前の11時頃にはうとうとし始めて…、と赤ちゃんのような睡眠リズムが2歳になる頃まで変わりませんでした。

子育てのアドバイスで「夜寝ないんだったら子どもと一緒に起きてるのも手だよ!」と教えてもらったこともあったので、夜通し遊び倒したこともありましたが、大人の体力が先に限界を迎えてしまいました。

息子に合わせた細切れ睡眠のなかでお世話するのは想像していた以上に大変で、夜中の2時や3時、寝ずにニコニコ笑う子どもを抱っこして「なんで寝ないの~?」とこちらが半泣きになって、寝かしつけをしていました。

2歳の子どもの生活リズムを作るには

自分の生活が自堕落になってしまい、そのせいでのストレスもあって落ち込むことが多くなったことをきっかけに、生活を改めよう!と思い立ち、まずは息子の睡眠時間の記録を付けるところから始めました。

息子の睡眠時間を測っていく中でわかったことは、「子どもの生活リズムは自動で整うわけではない」ということです。

たまに「何もしなくても寝てくれるし、朝も起きてくるよ~」と言うママもいますが、何もしなくても子どもが勝手に、というのは本当に珍しいことなんだな、と息子を育てて実感しました。

もしくは、そのママの生活リズムのつけ方が上手なんだな、と思います。

子どもは1日の時間を一緒に過ごすことが多いママや、保育士を見て生活のリズムを学んでいったり、「ご飯を食べたらお昼寝しようね」などの声掛けで気分を切り替えたりしているので、ママが生活リズムを教えてあげることで、子どもの体内時計も整ってきます。

なので、ママが子どもに過ごしてほしい1日のスケジュールを考えてみて、それに沿って声掛けしていくと良いと思います。

私が、子どもの生活リズムを付けるのに効果的だと思ったタイミングが1つありました。

お昼寝は、起こしたい時間から逆算して寝かしつけを始める

お昼寝の時間は、長いと夜の寝かしつけを眠くなくなってしまうので、最低限でも起こしたい時間が決まっていれば、夜の寝かしつけに効果が出てくると思います。

我が家のスケジュールでは、保育園の関係でお昼寝は外せなかったので、寝ついて欲しい時間を21時に設定しました。

そこから2時間寝かしつけをすると仮定して、部屋の電気を消すのは19時になります。

さらにさかのぼり、お風呂やおもちゃの片づけも考えて17時に夜ご飯を食べることになり、その時間までにお腹は空いていてほしい、と思い、お昼寝の時間は14時30分までとしました。

これは絶対に、というわけではなく、本人の疲れ具合を見ながら前後15分から30分ずらすこともあります。

また、夜中あまり寝なかった日は、息子は朝ごはんの後に朝寝をすることもありましたが、30分程度で起こすようにしました。

おかげで徐々にではありますが、夜に寝る時間がまとまってきて、さらには原因のわからない泣きも減りました。

あれは今考えると、眠たかったんだな、と思います。

まとめ

2歳の子どもが夜中寝ないで遊び始めることについてまとめました。

・子どもが夜寝ないときは生活リズムを整えてみる

同じように寝ていないママはここが踏ん張りどころです。

生活リズムができて睡眠のクセがついてくると、とても楽になると思うので、頑張りましょう!

寝不足なママの参考になりますように。

-子育て