Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

ペット

フトアゴヒゲトカゲが餌を食べない時の対処法!適切な餌の頻度を知って元気に育てる

投稿日:2020年4月23日 更新日:

この記事では、フトアゴヒゲトカゲが餌を食べない時の対処法を紹介しています。

餌が嫌い・ストレスなど、いくつか原因が考えられますのでひとつひとつ見ていきましょう。



フトアゴヒゲトカゲが餌を食べない原因

なぜフトアゴヒゲトカゲは、餌に興味を示さなくなってしまうのでしょうか。

爬虫類が餌を食べなくなるのは、病気やケガのサインでもあります。

でも、ただ単に餌に飽きているだけだったり、気まぐれさんなだけの可能性も。

慌てずに原因を探していきましょう。

まず爬虫類であるフトアゴヒゲトカゲは、少しの期間ならば食事をしなくても大丈夫です。

哺乳類のように、毎日食べ物を摂ることなく、2週間くらいなら元気に生きています。

その間は、お水をきちんと飲んでいるか、チェックをしてください。

お水さえ飲んでいれば、健康に過ごしています。

*ただし、ベビーの場合だけは話が別です!

アダルトほど強くないベビーは、絶食にも弱くなっています。ベビーが餌を食べない時は、獣医やショップに相談が必要です。

では、アダルトの個体が餌を食べない原因を探りつつ、解決策を考えていきます。

まず健康体で拒食をする理由として考えられる原因はこちら。

  • ハンドリングが過剰すぎる
  • 餌に飽きたor好きじゃない
  • 発情期
  • 飼育環境が快適ではない

順番に解決方法を確認していきましょう!

ハンドリングが過剰

フトアゴヒゲトカゲは、人に慣れやすく、ハンドリングも得意な爬虫類です。

それでも爬虫類は、そもそも他者とのスキンシップを好みません。

人に慣れて我慢してくれている、という状況なのです。

ハンドリングは、長くても1日10分程度に止めるようにしてみてくださいね。

餌に飽きたor好きじゃない

ずっと同じ餌だと、フトアゴヒゲトカゲも飽きます。

餌の種類を変えてみたり、与え方を変えるだけでまた食べ始めることがあります。

発情期

単体飼育が理想のフトアゴヒゲトカゲですが、ソロでも発情や抱卵をすることがあります。

発情期がすぎると、だんだんと食欲も回復してくるので、様子見が必要ですね。

ただしメスの場合は、卵管詰まりを起こすことがあります。

様子を見て、拒食の期間が長引くようであれば、獣医の診察を受けましょう。

飼育環境が快適ではない

環境変化に強いフトアゴヒゲトカゲですが、飼育に適している環境があります。

湿度・温度を保って、お水とヒーターと砂場は快適な状態でしょうか。

ケージのサイズは、底を歩ける広さが確保されているでしょうか。

フトアゴヒゲトカゲは、地上を歩き回ります。

運動が必要な爬虫類なので、毎日お散歩させるのもとてもいいですね。

ケージは、アダルトになった時を想定すると、体長の幅2倍は必要になります。

温度・湿度などの飼育環境は、生息しているオーストラリアに近づけるイメージがいいかもしれませんね。

続けて、フトアゴヒゲトカゲの飼育に最適な環境を、もっと詳しくご紹介します。

フトアゴヒゲトカゲに最適な温度や湿度を管理して健康を保とう

変温動物のフトアゴヒゲトカゲは、日光が当たる場所で体温を上げて、活動しはじめます。

ということは、まずは温度が35度から45度になるようなスポットを作りましょう。

ケージ全体の温度は、飼育環境下で適温と言われる、20度から28度が目安です。

湿度については、まずは30%を下回らないように気をつけてくださいね。

30%を切ってしまうと、脱皮不全になってしまうおそれがあるからです。

飼育環境下の湿度の最適目安は、30%から40%と言われています。

ただ生息地であるオーストラリアでは、夜になると湿度が60%程度まで上がることも。

個体によって好む湿度が少し違うので、様子を見て調節してあげましょう!

ケージの中には温湿度計を入れておいて、毎日チェックしましょうね。

フトアゴヒゲトカゲの餌の量と頻度は!?

ベビーの時は昆虫食を好みますが、成長するにつれて野菜を好むようになる雑食性です。

市販の専用フード、ゲルやドライに慣れてくれる個体ならば、それでオッケー。

総合栄養食なので、他のサプリや栄養剤などは必要ありません。

水分を含んでいるので、フトアゴヒゲトカゲの水分補給にもとてもいいですね。

専用フードを好まない個体の場合は、コオロギの他に、人参、かぼちゃなどを与えます。

野菜を与えずに昆虫食だけだと、肥満になる傾向があるからです。

逆に野菜だけだと、タンパク質が足りなくなってしまうので、昆虫も必ず与えましょう。

与える餌の量と頻度ですが、個体の成長度合いによって多少違います。

ベビーの場合は、成長していく大事な時期なので、毎日食べられる分を与えてください。

アダルトになったら、3日に1回程度、腹8分目を目安に与えましょう。

まとめ

オーストラリア固有種のフトアゴヒゲトカゲは、日本でも人気の爬虫類ペットです。

人にも慣れやすく、飼育しやすいのが圧倒的人気の理由のひとつになります。

でも、それだけじゃない、ハンドリングしていると募る愛しさ。

毎日遊んで運動をさせていたのに、ある時、突然餌を食べなくなった・・・?

そんな時は心配で仕方ありませんよね。

フトアゴヒゲトカゲは、環境適応能力が高く、雑食性で比較的なんでも食べてくれます。

餌の種類も多いので、いろいろなものを試して、好きな餌を探してあげてくださいね。

与える餌によって摂れる栄養が違うので、バランスを考えるのがポイント。

食事時は、スキンシップだけでなく、体調チェックにも大切な時間ですね。

-ペット