Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

料理・食材

古い豆って食べられるの?柔らかく煮えるかどうかの判断基準とは(黒豆・小豆)

投稿日:2019年3月22日 更新日:

親戚やご近所から頂いた豆。煮なくちゃ煮なくちゃ・・・と思いながら後回しにして、気づけば3年経過!とかありますよね。

何年物か分かればまだマシで、むしろお前は何年前の奴なんだ?ってこともしばしば。

そんな古くなってしまった豆は食べられるのか??もし食べられるなら、柔らかく煮る方法はあるのか?

この記事を読めば、せっかく長時間煮たのに、砂糖もガスも時間も無駄になってしまった!なんてことは無くなるはず。



そもそも古い豆は食べられるの??

一般的な乾燥大豆の消費期限は2年程度とされているんですが、保存方法に気を付ければそれ以上の期間が経過していても大丈夫みたいです。

空気に触れないようにジップロックなどに入れて、冷暗所に保存が鉄則。野菜室のような環境がベストですね。

古い豆でもカビや虫が発生していなければ、食べることができます。

ネットでは10年前の古い小豆や大豆を煮たという強者もいるみたいですが、さすがに味が変わってくるみたいですね。

一方で、3年や5年くらいなら全く問題なく食べられたという意見が多かったです。

古い豆は柔らかく煮えるのか??

ここで注意してほしいのは、古い豆でも食べられるけど、柔らかく美味しく煮えるかは別問題ということです。

じゃあ美味しく煮えるか煮えないかの判断基準なんですが、それは

ちゃんと水で戻るかどうかです。

そして、水に浸してふっくら膨らんでこない豆は、いくら煮ても煮えないんです。ポリポリ食べれるくらいの状態まではいきますが、煮豆とは別物になってしまいます。

もし水で戻らない場合は、もったいないですけど廃棄しましょう。

古い豆の戻し方(黒豆)

まず、普通の豆と同様に古い豆もボールに水を張って洗いましょう。この時水面に浮いてきた豆は痛んでいる場合があるので取り除きます。

次にたっぷりの水に浸しましょう。

古い豆は固く、がっちり乾燥しているので、新豆より浸水時間を長く取る必要があります。

新しい豆の場合は6~8時間(だいたい一晩)って言われていますが、何年も前の豆の場合は24~48時間浸しておきましょう。

夏場は水が痛むので、冷蔵庫に入れて浸すのをお忘れなく。

時間が経ってからボウルをのぞくと、豆が2倍くらいの大きさに膨らんでいると思います。こうなればOK。美味しく煮えます。

よく熱湯を使えば2時間くらいで戻るという記事を見ますが、古い豆の場合は水の方がいいと思います。

古い豆の戻し方(小豆)

一般的なあんこを作る際などは、小豆って水戻ししなくても大丈夫です。

ですが、古い小豆の場合は実験的に数粒でいいですから水に戻してみましょう。

これは、黒豆のところでも言いましたが、水に戻らない豆はどんなに手間暇かけても美味しくできないからです。

もともと外皮が厚くて浸水時間が18時間以上必要なので、24時間は最低でもつけてみて下さいね。

ここで膨らんでこないと、餡子を作ってもパサパサのポソポソになってしまいますよ。

豆が戻ったか戻らないかの判断を誤るな!

水に浸しても豆が戻ったか戻ってないかの判断って日頃から豆煮てる人じゃないとわからないんですよね。

私も、よし戻ったぁ!!と思って煮たら、何時間煮ても固いまんま。ポリポリ豆しかできなかった苦い思い出があります。

なんで、私がどこで間違えたかってポイントを共有しておきたいと思います。

まずね、豆って外皮があるじゃないですか。

実は、何年前の豆でも外皮は綺麗に膨らむんですよね。まるっとつやっと美味しそうに。

でもこの時、中身はしっかりと吸水してなくて、外皮より小さかったんです。

手で押してみて、アレ!?内側だけ小さいかも?っと思ったんですけど、まあ大丈夫でしょ!と勢いで煮始めてしまったんですね。

これがいけなかった。

この時10時間以上水に浸した後だったんで、最悪、多少戻りが完全でなくても長時間煮れば柔らかくなるっしょ!っと見切り発車しちゃったんです。

結果、4時間煮ても煮えませんでした(笑)

なので、判断するポイントは、

外皮と中身が同じ大きさに膨らんでいるか

このポイントせ外さなければ、まず大丈夫ですよ!!

古い豆についてまとめ

ここまでで、古い豆でも傷んでいなければ食べられるということ。

だけども、美味しく煮える条件としては「水でしっかりと戻るか」だ。ということをお伝えしてきました。

逆に言えば、水で戻れば通常の豆と同じレシピでも美味しく煮えるということです。

なので、「戻ったか戻ってないかの見極め」を私の失敗も参考にして判断いただければと思います。

-料理・食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒にんにくはそのまま食べても果物みたいに美味しい!?一日3粒の健康習慣に

生のにんにくよりも、たくさんの栄養素が含まれる黒にんにくですが、 料理に使うのはもちろん、そのまま食べても大丈夫なのが、特徴になります。 この記事では黒にんにくの美味しい食べ方と一日の上限摂取量につい …

【これって傷んでる?】わかめを湯通ししても茶色&ぬめりが出る理由とは?

わかめを湯通ししても色が緑にならない場合は、実は傷んでしまっている可能性大です。 新鮮な生わかめであれば、通常しっかりと色が変化するんですよね。 生わかめはとても傷みやすい食材でもありますから、色の変 …

ブロッコリーアレルギーってあるの?体験談や症状をリサーチしてみた

アレルギーが起こりやすい食品はたくさんあります。 卵や牛乳、小麦粉、ピーナッツ、甲殻類など様々ありますよね。 わたしの娘も1歳の時に卵と乳製品に対してアレルギーがあると診断されたので、食物アレルギーに …

椎茸の傘の裏が黒いのは腐ってしまった証拠!茶色までならギリギリセーフ

椎茸は足が早いので、傘の裏が黒くなってしまうことってありますよね。 あまりに黒いと、「これって食べられるの?」と不安になります…。 調べてみると、椎茸の傘の裏が黒いのは腐っている可能性が高く、もし腐っ …

【3分で分かる】りんごの皮の農薬の落とし方は水洗いで充分という話

野菜や果物の皮は栄養があるので、むくよりも皮ごと食べた方がいいとよく聞きます。 ですが、その時に気になるのは残留農薬です。 農薬が体に入ってしまうと健康に良くない気がしますよね。 ですが、調べてみると …