Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

ガーデニング

【初心者向け】ピーマンの花が咲かない原因は植える時期や土づくりにあり!?

投稿日:

比較的育てるのが簡単だと言われているピーマンですが、それでもトラブルが起きることってありますよね。

その中でも、初心者に多いトラブルのひとつに「花が咲かない」ということがあります。

花が咲かないことにはピーマンの実は収穫できないため、なんとしても花は咲かせたいところです。

そこで調べてみると、ピーマンの花が咲かない原因は、植える時期や土づくりにあるということが分かりました。

ここでは、ピーマンの花が咲かない原因や、その対処法についてまとめてみました。

ぜひトラブルが起こった時の参考にしてみてくださいね。



ピーマンの花が咲かない原因

ピーマンの花が咲かない原因はいくつか考えられますが、ここでは「植える時期」と「土づくり」に注目して解説したいと思います。

ピーマンに花が咲かない理由:植える時期

ピーマンはナス科の野菜で、原産地は熱帯アメリカです。

熱帯アメリカが原産地とあって、ピーマンは比較的高温に強い野菜で、育てるのに適した気温は22~30℃といわれています。

そのため、逆に低温に弱いという特徴があり、適温より低い気温だとピーマンはうまく花をつけることができないのです。

種をまいてから収穫するまでの期間は約3.5ヶ月ですが、この期間がずっと22~30℃である必要があります。

ですので、一般的に苗の植え付けは、寒い地域では5月中旬から6月中旬、暖かい地域では4月下旬から5月末にすると良いとされています。

ですが、それよりも早い時期に植え付けをしてしまうと、ピーマンにとっては気温や地温が低すぎたり晩霜がおりる心配もあり、その結果花をつけることができず、咲くこともできなくなるのです。

ピーマンに花が咲かない理由:土づくり

ピーマンは基本的には土質は選びません。

それもあって比較的初心者にも育てやすい野菜だと言われています。

ただ、土が乾燥すると花をつける数が少なくなる傾向があり、最悪の場合は花をつけずに終わってしまいます。

また、水はけが悪い土だったり、通気性の悪い状態に土がなっていると、土がジメジメしてピーマンの根っこが酸欠状態になります。

酸欠状態になるのも、花が咲かない原因になります。

土づくりはピーマンが花をつけるためにとても重要な条件なんです。

野菜や果物は花が咲いたあとにそれが実となります。

もちろんピーマンもそうです。

ですので、ピーマンの実を収穫しようと思ったら、ピーマンが花をつけ、それが咲くというのが絶対。

なので上記条件に当てはまっていないか確認してみてくださいね。

ピーマンの花が咲かない時の対処法

それでは、ピーマンの花が咲かない場合にはどう対処したらいいのでしょうか。

具体的にすることは、「水やりをする」・「日当たりを良くする」・「肥料を与える」の3つです。

それぞれを詳しくみていきましょう。

ピーマンの花が咲かない時の対処:水やりをする

土が乾燥すると花をつけにくくなるため、土の表面が乾燥してきたらしっかりと水やりをしましょう。

ピーマンは高い気温や地温の元で育てるため、水やりをしてもすぐにその水が蒸発してしまいます。

ですので、こまめにたっぷりと水やりをする必要があります。

また、ピーマンは根っこを横に広げながら成長していく野菜です。

そのため、水やりをする時は、株の根元に集中して行うのではなく、根っこ全体が水を吸えるよう、プランター全体にまんべんなく水やりをする必要がありますよ。

ピーマンの花が咲かない時の対処:日当たりを良くする

ピーマンは湿気の高い土を嫌います。

そのため、日当たりの悪い場所だと土がずっとジメジメと湿った状態になります。

すると根っこが酸欠状態になってしまい、花をつけなくなってしまうというのはお伝えしたとおりです。

ですので、良い土つくりにもつながりますが、ピーマンを日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

原産地が熱帯アメリカということを考えても、日当たりは重要な条件ですよ。

ピーマンの花が咲かない時の対処:肥料を与える

ピーマンは肥料が大好きな野菜で、肥料切れになるとすぐにトラブルを起こします。

花をつけなくもなってしまいます。

ですので、植え付けをしてから約2週間後から、1週間に1度のペースで追肥を行いましょう。

与えすぎだと思うかもしれませんが、特にプランターなどの小さい容器で育てると、土の量も限られていますし、水やりをする度に肥料が流れ出てしまっています。

肥料の与えすぎは逆効果になってしまいますが、これくらいの適度な頻度で肥料を与えることはとても重要なんですよ。

ピーマンの花が咲かなまとめ

今回は、ピーマンの花が咲かない理由は、ピーマンを植える時期が早すぎるということや、土が乾燥していたり湿気が高すぎること。

また、ピーマンの花が咲かない時には「水やりをする」・「日当たりを良くする」・「肥料を与える」の3つの改善策があるということをお伝えしました。

ピーマンを家庭菜園で育てていて、これまで花を咲かせることができなかった方。

いつも失敗していたり、花が咲いたとしてもすぐに落ちてしまって実をつけたことがないという場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-ガーデニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【個人差あり】ゼラニウムの香りは生花とアロマで違う?心と身体を整える効果も

アロマの精油としても有名なゼラニウムですが、実は花自体からは、香りを感じることは難しいんです。 しかも、ゼラニウムには種類がたくさんあるので、一概に○○がゼラニウムの香り、とも言えないんですよね。 な …

【黄色・枯れる・巻く・紫・黒】ナスの葉のトラブル症状別に対策をまとめた

ナスは丈夫で育てやすい野菜だと聞いて家庭菜園を始めた人もいるでしょう。 ですが、実際には葉にトラブルが起こることも多いようなんです。 調べてみると、黄色くなったり枯れてしまったりと葉のトラブルは様々で …

【初心者】水仙の球根の保存方法と適切な掘り上げ時期!来年も綺麗な花を

手塩にかけて育てた水仙に、来年も綺麗な花を咲かせてもらいたいですよね。 調べてみると、水仙は、球根が腐らない限りは3年前後植えっぱなしにしていても問題がないことが分かりました。 ですが、はじめに植えた …

ピスタチオの育て方!栽培で注意すべきポイントは?

ピスタチオがいつでも食べられると嬉しいと思い、ふと自分で栽培ってできるのかと調べてみました。 そうすると、案外わたしと同じ考えの人がたくさんいましたが、残念ながらピスタチオは日本の気候には適しておらず …

知っておきたい「ひよこ豆」の栽培方法!株間は30センチ開けることがポイント

ひよこ豆の株間は30センチが最適です。理由は支柱を立てるスペースが必要だからですね。 その他にもひよこ豆の栽培には押さえるべきいくつかのポイントがありました。 ポイントは株間を30センチ開けること以外 …