Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに*当サイトはプロモーションを含みます

おでかけ

神戸まつり2023のディズニーパレード攻略!サンバの混雑状況やアクセス方法も徹底解説

更新日:

2023年の神戸まつりにディズニーパレードがやってきます。今年はディズニー40周年なので特別なものになるでしょう。

ただ100万人以上の来場者数を記録する、とても多くの人が訪れるのが神戸まつりです。

兵庫県最大級のお祭りで、見どころもたくさんですが混雑も心配ですよね。

この記事ではメイン会場や行き帰りの混雑はどんな感じなのか、回避できるのか、混雑のメインとなるディズニーパレードを中心に調べてみました。

また、合わせて見どころやアクセス方法、駐車場情報、周辺渋滞状況、周辺の観光スポットも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

Contents
  1. 神戸まつりのディズニーパレード
  2. 神戸まつりの混雑状況
  3. 神戸まつりの屋台情報 
  4. 神戸まつりの交通規制情報
  5. 神戸まつりの渋滞状況!回避方法はある?
  6. 神戸まつりの臨時駐車場・コインパーキングはある?場所と料金は?
  7. 神戸まつりのアクセス方法
  8. 神戸まつりの見どころ
  9. 神戸まつりとは?歴史についても簡単に
  10. 神戸まつりの2023基本情報
  11. 神戸まつりの周辺宿泊施設!どこに泊まるのがおすすめ?
  12. 神戸まつりの周辺観光スポット
  13. 神戸まつり2023のディズニーパレード情報まとめ



神戸まつりのディズニーパレード

2023年、神戸まつりにディズニーのパレードがやってくることが決定しています。

今年は40周年の記念パレードです。

ミッキーやミニーをはじめとした可愛いディズニーキャラクターがドリームクルーザー(フロート)に乗って盛り上げてくれます。キッズダンサーも一緒にパレードに参加しますので華やかで楽しいですよ。

開催コース

神戸まつりのディズニーパレードは、神戸市中央区のメインストリートであるフラワーロードを中心に開催されます。

ルートは三宮の東遊園地→フラワーロード→三宮中央通り→元町(大丸付近)ですよ。毎年同じなので、把握しておきましょう。

このMAPの南から北→左折して大丸前というルートです。(最初公園の中入ってますが、外のフラワーロードを進みます。)

開催時間・日程

パレードの日程は「2023年5月28日」です。例年は第3週なんですが、今年は第4週なので注意してくださいね。公式でもアナウンスされてます↓

「第50回神戸まつり」開催決定!開催期間2023年5月28日

https://kobe-matsuri.com/

パレードの開催時間は、午後12時30からとなっています。

ただし、イベントの日程や状況によっては変更されることがありますので、公式情報をチェックしてください。

ディズニーパレード観覧スポット3選

東遊園地付近(スタート地点)

ディズニーパレードは東遊園地のモニュメント近くのフラワーロードからスタートします。

スタート前は5分弱の時間フロート(車)が停車しているので、パレード開始までの間にミッキーやミニーが踊ったり手を振ったりしてくれますよ。写真も撮りやすいのでおすすめのスポットです。

しかも、パレードがスタートした後でも他の場所からまたみることができるので、ディズニーファンにはたまらないです。

ディズニーランドのエレクトリカルパレードのように、車はゆーーーっくり進むので、追い抜かすこともできるんですよ。

パレード最終地点

パレードの最終地点も、スタート地点と同じくディズニーカーがしばらくの間停まっていてくれますので自撮りし放題です。

キャラクターたちも車から下りて手を振ってくれたりと、約5分間の間ファンサービスタイムなんですよね。

大丸も近いので、パレード終了後にお店に入ってゆったりすることもできますよ。

市役所の向かい側

東遊園地の隣(北側)には神戸市役所があります。

その道路の向かい側にはレストランやコンビニ、トイレ、百貨店、お店があります。

ディズニーパレードでいい場所を確保するには長時間の場所取りが必要ですから、小さいお子さんがいる場合や、友人複数といる場合はこの付近で待っているのもいいですよ。交代で時間を潰すこともできますから。

また、フラワーロードはディズニー以外のたくさんの団体がダンスパフォーマンスを繰り広げますので、場所取りしつつ本番のパレードまでも楽しみつつ過ごすことができます。

ディズニーパレードの場所取りは何時から?

パレード開始の1-2時間前には場所取りを始める人が多いです。

が、その時間からだとかなり後ろの方から眺めることになります。もし最前列でディズニーパレードを楽しみたいなら「4時間前」くらいに場所取りをする必要があります。

3時間前ですと前の方で観ることはできますが、最前列は難しいでしょう。

特にパレードのスタート地点とゴール地点はパレードが止まっている時間が長くゆっくり見られるので人の混雑も多いです。早めに行って場所を確保してくださいね。

待ち時間を快適に過ごすための持ち物

クッション性のあるシート

場所取りをするなら、クッション性のあるシートを持参した方がいいですよ。アスファルトなので通常のレジャーシートだとお尻が痛くなります。。

折り畳み椅子は後ろの方に迷惑になるのでNGですよー

日焼け止めグッズ

神戸まつりが開催されるのは5月末。紫外線もかなり強いですから、日焼け止めは持参しておくようにしましょう。合わせて帽子・腕抜きなどがあるといいですね。

飲み物や軽食

会場は年によってはかなり暑くなりますし、混雑してくると途中で抜けるのがかなり大変ですから、事前に飲み物を準備しておきましょう。軽食もあると心強いです。

暇つぶしグッズ

数時間前から場所取りを考えているのなら、スマホの充電器やゲーム、本など、待ち時間に過ごすものを持参するといいですよ。

ディズニーグッズ

神戸まつりではディズニーグッズを持参している人が結構多いです。

ディズニーランドではないですが、浮くこともないので持っている方は持参するとさらに楽しめますよ。

例えばぬいぐるみやヘアバンド、ディズニーキャラの帽子、Tシャツがあるといいですね。

ディズニー限定グッズの販売はある?

神戸まつりでは、限定グッズが販売されることはありません。

なので雰囲気をより楽しみたい方は上記で紹介したグッズは持参するようにしましょう。

ただ、例年11時くらいからSOGO近くのお祭り広場でディズニーの袋が配布されてますよ。中身はディズニーのニュースや塗り絵など。

2023年は新エリアがオープンしますので、その案内も入っているかもしれませんね。

神戸まつりの混雑状況

日曜日には、神戸まつりのメインフェスティバルが、三宮駅付近で催されます。

三宮駅南側のフラワーロードを中心として、各会場のイベントもとても賑やかです。

この日がとても混雑します。理由は、メイン会場となる三宮付近からパレードがスタートするためです。

メイン会場付近となるパレードのスタート地点では、大変な混雑になります。

パレードのスタートは東遊園地で、屋台も並び、華やかで人気の場所です。

当日の早朝から場所取りをしている人もいるほどで、たくさんの人が集まります。

見どころいっぱいの場所で、盛り上がるぶん混雑は必至です。

なるべく混雑を避けつつパレードを楽しむには、ゴールの近くで待つという方法もあります。

例年ですとパレードのゴールは、大丸神戸前になります。

ゴール地点の大丸神戸で待つのもいいですが、その手前の大通りで待つのがおすすめです。

通り道にはいくつか座れる椅子もあって、喫茶店などの休憩できるお店もあります。

そして心配な行き帰りの混雑ですが、神戸まつりの最寄りは、三宮駅と元町駅です。

このふたつで比べると、やはり三宮駅の方が混雑します。

駅へ戻るのも大変になるほどの混雑ぶりが伺えます。

その一方で元町駅の近くは飲食店も多く、比較的休憩がしやすいおすすめのエリアです。

パレードのゴールとなる場所にも近い駅なので、混雑をなるべく避けたい人にはおすすめになります。

神戸まつりの屋台情報 

お祭りといえば、楽しみのひとつである屋台も気になりますよね。神戸まつりではたくさんの屋台に出会えますよ。

神戸まつりというだけあって、やはりいちばんの人気でおすすめメニューは神戸牛です。

屋台では串焼きのスタイルが多く、気軽に楽しむことができます。屋台では、「神戸牛」と謳っている出店が特におすすめです。

少しお値段は高くなりますが、神戸牛ならではの旨さを感じることができますよ。

ぜひ本場の神戸で、本物の神戸牛を楽しんで見てくださいね。

神戸まつりでは、屋台の集まるエリアは、大きく分けて3ヶ所です。

それぞれのエリアを順番にご紹介します。

おまつり広場 11:00〜16:00

神戸三宮駅南口を出てすぐ目の前です。

道路いっぱいに並ぶ屋台は、見てるだけでワクワクしてしまいます。

2023年はキッチンカーの募集がされているので、お洒落な感じになりそう。

おまつり広場は地元特産品が多く扱われていて、毎年人気のエリアです。

ここでのお買い物を目的とする来場者も多く、早いうちに売り切れる場合もあります。

お祭り屋台村 11:00〜16:00

神戸まつりのメインイベント、パレードの出発地点に近い屋台エリアです。

メイン会場近くというだけあり、いちばん混雑します。

それでもお昼時などの混みあう時間を外せば、そこまで大行列になることは少ないです。

ご当地グルメはもちろんのこと、世界各国の料理も楽しめる屋台が並びます。

サンバを見ながらのトルコアイスやケバブが、お祭り気分を盛り上げることうけあいです。


神戸まつりのトイレ情報!場所はどこ?

そして気になっても忘れてしまいがちなのが、トイレの場所の確認です。

お祭りで急にトイレに行きたくなると、焦ってしまいますし困りますよね。

あらかじめ会場周辺のトイレをチェックしておくのはおすすめです。

例年同じ位置に仮設トイレが設置されます。

仮設トイレ以外にも常設トイレ表示されているので、安心ですね。

神戸まつりの交通規制情報

神戸まつりに車で行きたい場合、周辺の状況はどうなっているのでしょうか。

大型のパレードがあるお祭りなので、やはり交通の便には注意が必要です。

どのあたりが通れなくなってしまうのか、調べてみました。

神戸まつりの間は、フラワーロードから中央区旧居留地一帯に交通規制があります。

メインストリートで、大規模なパレードが催されるエリアですね。

またメインストリート以外でも、各所で交通規制があります。

例年ですとほぼ同じなので、参考にしてみてくださいね。

神戸まつりの渋滞状況!回避方法はある?

交通規制の場所はわかっても、実際どれくらい混雑して渋滞になるのか気になりますよね。

神戸まつり会場近くの、道路の渋滞状況をご紹介します。

いちばん近い国道2号線は、毎年ものすごい渋滞が発生しています。

メイン会場の三宮付近から離れたエリアでも渋滞が発生しているので、神戸まつり会場近くの主要道路では、どこも大変な渋滞になることがわかります。

この混雑の理由は、広い範囲での交通規制の影響もありますが、何と言っても観光客の多さです。

車を利用する場合は事前に、通れなくなってしまう道路や駐車場の確認をおすすめします。

帰りもパレードが終了近くなるとものすごく混みます。出れる人が早めに帰るようにした方がいかもです。

神戸まつりの臨時駐車場・コインパーキングはある?場所と料金は?

交通規制があり、会場周辺は混雑するので、公共交通機関の利用がおすすめです。

それでも車での来場を考えている場合は、イベント周辺(交通規制区間内)の駐車場は利用できませんので注意してください。

毎年以下の範囲が交通規制となります。

三宮の周辺は満車が予想されるため、交通規制の外側でメイン会場から少し離れた場所を紹介しますね。

三宮立体駐車場

収容台数86台で、駐車料金は10分100円です。

時期や時間帯によって最大料金が変わります。

メイン会場最寄りの三宮駅ですが、北側に位置するため、比較的渋滞しにくい場所です。

くじらの駐車場

453台収容で、駐車料金は15分100円です。

平日1500円、土日祝日2000円の最大料金設定もあります。

神戸阪急などが提携しているので、ショッピングの予定があるならおすすめです。

トラストパークITB元町パーキング

収容台数は80台で、料金は30分200円です。

もうひとつのメイン会場最寄り駅、元町駅北側の駐車場です。

やはり駅から北側にあるので、混雑しにくくおすすめになります。

信和パーキング神戸加納町駐車場

料金17:00-02:00:20分/100円02:00-17:00:60分/100円
営業時間24時間
収容台数16台
住所〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4丁目10−14
会場まで徒歩12分

パークタイム さんのみや

料金(土日)08:00-00:00:30分/300円 00:00-08:00:30分/100円最大2000円
営業時間24時間
収容台数160台
住所〒651-0095 兵庫県神戸市中央区旭通4丁目1−10
会場まで徒歩13分

タイムズのB トラストパークITB元町駐車場(左1号機)

料金平日1100円/日
土日1400円/日
営業時間8:00~22:00
収容台数‐台
住所〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通4丁目7−6
会場まで徒歩15分

リパーク磯部通り1・2

料金08:00-20:00:20分/300円20:00-08:00:60分/100円
営業時間24時間
収容台数10台
住所〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通2丁目2−22
会場まで徒歩8分

富永パーキング

料金全日:30分/200円24時間最大1000円
営業時間6:30~24:00
収容台数122台
住所〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通5丁目1−21
会場まで徒歩9分

APパーク御幸駐車場

料金07:00-22:00:30分/100円22:00-07:00:60分/100円
営業時間24時間
収容台数27台
住所〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通5丁目1
会場まで徒歩9分

岡崎モータープール

料金30分/100円
最大1000円
営業時間土日8:00~23:00
収容台数45台
住所〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通3丁目1−25
会場まで徒歩17分

NPC24H磯上通り駐車場

料金08:00-22:00:20分/330円22:00-08:00:90分/110円
営業時間24時間
収容台数22台
住所〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通4丁目2−5
会場まで徒歩17分

神戸まつりのアクセス方法

それぞれの目的の会場に、どうやって向かえばいいのでしょうか?会場ごとの最寄駅をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

公共交通機関でのアクセス

三宮フラワーロードへ

神戸まつりのメインとなる会場です。日曜日のおまつりパレードなどを見る場合は、こちらになります。

  • 阪急阪神 神戸三宮駅から徒歩5分
  • JR 三ノ宮駅から徒歩5分
  • 地下鉄西神山手線 三宮駅から徒歩5分

ハーバーランドへ

サンバやキャラクターのショーが楽しめるステージがあります。

  • 神戸高速線 高速神戸駅から徒歩8分
  • JR 神戸駅から徒歩5分
  • 地下鉄海岸線 ハーバーランド駅から徒歩5分

メリケンパークへ

アーティストやダンサーを迎えてさまざまなステージが繰り広げられます。

観光地としても栄えているので、お祭り以外にも楽しめる場所です。

  • JR 阪神 元町駅から徒歩15分
  • 地下鉄海岸線 みなと元町駅から徒歩10分

車でのアクセス

そして、車の場合はどこが最寄りのインターチェンジになるのでしょうか。

なるべく公共交通機関の利用がおすすめですが、車で行くならばこちらです。

東京方面からの場合

名神高速道路生田川ICから、阪神高速3号線神戸線ルート3で降りて、国道2号線を左折です。

姫路方面からの場合

阪神高速7号北神戸線ルート7白川南で、神戸山手線31号線ルート31で降ります。

国道428号線を南下して、山麓バイパスを東に進むと、右手が三宮エリアです。

ただメイン会場に近づくほど、交通規制と混雑の影響で渋滞します。

神戸まつりは交通規制が広域にわたし厳しいので、できたら公共交通機関の利用がおすすめです。

神戸まつりの見どころ

神戸まつりは主に2日間開催されていましたが、2023年は5月28日日曜日のみ。どんなイベントがあるのでしょうか。

どうやって計画を立てればいいのか迷ってしまいますよね。

日曜日のメインフェスティバルの見どころをご紹介します。どちらも合わせて要チェックです。

メインフェスティバル

そして日曜日のメインフェスティバルです。

この日はなんといってもサンバが見どころです。

メインフェスティバル会場になるフラワーロードでおまつりパレードが行われます。

このパレードのサンバがいちばん見応えあると思うので、要チェックです。

三宮の東遊園地からフラワーロード、三宮中央通りを巡るコースです。

このパレードは例年、サンテレビジョンで長時間の生中継をされます。

11時頃から12時半まで、フラワーロードでオープニングが催され、そのあとは路上をステージとして迫力満点のパフォーマンスが披露されます。

オープニングに続いて12時半頃から16時半頃までが、メインのおまつりパレードです。

選りすぐりの団体が、日頃から練習してきた圧巻のパレードを届けます。

サンバ

メインのおまつりパレードを長時間楽しむのも楽しめそうですが、サンバに注目するならばおすすめがもうひとつあります。

それは、京町筋で12時から16時半まで開催される、サンバストリートです!

有名な神戸サンバチームなどのサンバダンサーが集結する、人気の催しです。

華やかできらびやかなサンバの衣装のダンサーが次々と登場して、情熱的なサンバを披露します。

このカラフルで綺麗なコスチュームとダンサーを写真におさめようと、カメラ持参の観客でとても賑わいます。

色とりどりの衣装で目が楽しめて、情熱のサンバで心が弾む、見逃せないイベントです。

神戸まつりとは?歴史についても簡単に

神戸まつりの起源となるのは、みなとの祭と神戸カーニバルです。

みなとの祭のきっかけは、80年ほど前のことになります。

当時の国内に蔓延していた不況を払拭するために、企画した市民まつりです。

アメリカ・ポートランド州のローズフェスティバルを参考に考えられたと言われています。

伝統時なまつりではく、市民創造型の新しいかたちのおまつりだったそうです。

神戸カーニバルは昭和42年の神戸開港100年祭の一環として、みなと祭の前夜祭に行われました。

多くの団体が賛同して開催され、歌や踊りと仮装したパレードで、とても賑やかな楽しいお祭りでした。

その後交通事情の悪化や世情の影響により、みなとの祭と神戸カーニバルを合わせた「神戸まつり」として開催されることになったのです。

今年は第50回の神戸まつりになります。

市民参加のまつりという原点は変わらずに、多くの人に神戸に来て楽しんでもらえるような、魅力あふれるお祭りになることでしょう。

神戸まつりの2023基本情報

日程 令和5年5月28日(日曜日)
メインフェスティバル
場所 フラワーロード周辺各地
時間 日:11時頃~16時頃
お問合せ 神戸市イベント案内
申し込みセンター
TEL078-333-3372
HP http://www.kobe-matsuri.com/

神戸まつりの周辺宿泊施設!どこに泊まるのがおすすめ?

神戸まつりに行く場合、せっかくの神戸なので旅行気分も楽しみたいですよね。

お祭りエリアのなるべく近くにある、おすすめの宿泊施設をご紹介します。

まずは、神戸まつりメイン会場となる三宮駅に近く、気軽に宿泊できるおすすめホテル2ヶ所です。

神戸トアロード

神戸まつりのメイン会場から徒歩8分の距離にあります。

三宮駅から徒歩6分、元町駅から3分でアクセスに便利なホテルです。

ホテルトラスティ神戸旧居留地

三宮駅から徒歩7分ほどの距離で、サンバストリートにほど近い場所にあります。

駐車場(有料)もあり、車で利用しやすいホテルです。

お祭りだけでなく、旅行気分も盛り上げるこだわりのホテルも2ヶ所おすすめを紹介します。

ホテルピエナ神戸 

お祭りのメイン会場からは徒歩14分程度と少し離れていますが、三宮駅からは徒歩7分です。

ここは特に女性におすすめのこだわりホテルになります。

朝食ブッフェが好評で、スタッフのあたたかいサービスが嬉しいホテルです。

神戸みなと温泉 蓮 

神戸まつりメイン会場から徒歩で約12分程度の場所に位置する、温泉ホテルです。

三宮駅からは無料のシャトルバスがあり、時間指定になりますが無料の駐車場もあります。

日帰りでも露天風呂に定評のあるこちらは、大人専用になっている宿泊施設です。

お祭りで楽しんだ後の疲れを癒すため、温泉でゆっくりするのはいかがでしょうか。

神戸まつりの周辺観光スポット

神戸まつりを楽しんだら、神戸のことをもっと知りたくなりますよね。

でも神戸は見どころがいっぱいで、どこに行ったらいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで神戸まつり会場近辺の、おすすめ観光スポットをご紹介します。

メイン会場から徒歩で行ける範囲なので、お祭りの日でもそのあとでも都合に合わせやすくおすすめです!

神戸国際会館

神戸まつり会場から徒歩4分、震災復興のシンボルとしてオープンした複合ビルです。

営業時間は10時から20時ですが、各店舗ごとに少し違うこともあります。

ショッピングエリアや映画館、カフェなど、神戸らしさを感じられるオシャレ空間です。

メリケンパーク

神戸まつり会場から徒歩14分程度、波止場を埋め立てられた公園です。

パーク内には神戸ポートタワー、ホテル、展望広場など見どころが盛りだくさん。

特におすすめなのが、次にご紹介する場所です。

神戸海洋博物館(メリケンパーク内)

海や港や船などに関する総合博物館で、メリケンパーク内にあります。

せっかく神戸を訪れたならば、神戸港の歴史を見てみたいですよね!

10時から17時までの公開時間で、月曜日は休館日になります。

南京町

1868年にできた文化的な、関西唯一の中華街です。

神戸まつりからは徒歩で10分ほどの、ぜひ立ち寄りたいスポットになります。

中華街としては規模が小さめで、歩いて回るのにはおすすめの観光名所です。

毎日がお祭りのような南京町なので、神戸まつりと合わせてさらに気分が盛り上がりますね。

神戸どうぶつ王国

こちらは番外編のおすすめスポットです。

神戸まつりからはいちばん距離があり、三宮駅からポートライナー利用で14分ほど。

10時から17時までの営業で、定休日は木曜日の、全天候型パークです。

共生型の動物園で、展示動物との距離が近く、子供から大人まで楽しめます。

駅前にあるのでアクセスが楽ちん、駐車場も用意されているスポットです。

入場料金は大人1,800円、小学生以下1,000円と、何度も訪れたくなります。

神戸まつり以外にも見どころに溢れた神戸、気になるスポットはありましたか?

お祭りといっしょに、たくさんの神戸の思い出を作れたらますます神戸が好きになりますね。

神戸まつり2023のディズニーパレード情報まとめ

街全体がお祭りムードに包まれるので、各地のイベントや屋台を楽しむことができます。食べ物やお土産の購入が楽しめます。

ディズニーパレード以外にも、地元企業や団体が参加する神戸まつりパレードが開催されます。市民が一体となって楽しむこのパレードも見逃せません。

夜には、神戸市内を散策するのもおすすめです。特に、旧居留地や神戸ハーバーランド周辺は楽しめます。

最後に、神戸まつりは多くの人で賑わいますので、体調管理や安全対策にも気をつけて楽しみましょう。

十分な水分補給や、荷物の管理、熱中症対策などを行い、楽しい神戸まつりをお過ごしください。

-おでかけ
-,