Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

ペット

猫がずっと遊びたがる時はどうすれば?満足するまで遊ばせるのはNG

投稿日:2021年8月17日 更新日:

猫がずっと遊びたがる場合でも、だいたい15分を目安にして、遊んであげましょう。

というのも、猫は持久力がないため、ずっと遊びたがるときでも、長時間遊んであげると、疲れてヘトヘトになってしまうんです…。

猫のためにも、遊ぶ時間はきっちり決めるべきなんですね。

ただ、遊び好きの猫だと、もっと遊んでほしい、とじゃれてくることもあるでしょう。

今回はそこで、猫がずっと遊びたがるときはどれくらい遊んであげれば良いのか、どうしても遊んでほしくてじゃれてくる場合はどうしたら良いのかをご紹介します。



猫がずっと遊びたがる場合は長時間遊んであげて問題なし?適切な遊びの時間とは

猫がずっと遊びたがるとしても、15分を目途にして遊ぶのをやめにしましょうね。

確かに猫って遊びに夢中になると、もっと遊びたい!と飼い主にねだるようになりますが、持久力がないので、長時間遊ばせると、本当に疲れてしまうんですよ!

疲れるとご飯を食べる気力すらなくなり、健康に実はあまり良くないんです…。

特に子猫は本当に疲れやすいため、長時間遊ばせるのは禁物。

疲れてご飯をちゃんと食べないまま眠ってしまい、体力が落ちてしまうこともあり得るんですね。

そのため、猫と遊ぶ時間はきちんと決めておき、長くても15分という短時間だけにしておくのがベストなんです。

我が家にも猫がいるのですが、やっぱり子猫の時は毎日、すごく遊びたがるようになりました。

でも、うちでは猫の飼育の本を読んでいたため、遊ぶ時間をきちんと15分だけ、と決めていたので、15分経ったらすぐにおもちゃを片付けましたよ。

するとしばらくはニャーニャーと遊びのおねだりをしてきましたが、あえて相手をしないことで、猫ももう遊ぶのは終わりなのかと判断した様子で、寝てしまいました。

ということでぜひ、あなたのお家でも飼い猫がずっと遊びたがったとしても、15分経ったらもう完全に遊ぶのをやめさせてくださいね!

そうすれば、猫が疲れすぎてしまうという心配もありませんよ。

ちなみに我が家だけでなく、義実家にも猫がいるのですが、やっぱり毎日15分だけ遊んであげて、あとはおもちゃを片付けていると義両親から聞きました。

義実家の猫もだんだんと、15分だけの遊びに満足するようになったので、義両親も安心したと言っていましたよ。

猫はずっと遊びたがる子もいるけれど、極力は遊ばせ過ぎには注意していきましょうね!

猫がずっと遊びたがるけれどやめさせたい場合の正しい対応とは!

猫がずっと遊びたがるけれど、15分経っているのでしたら、キッパリとおもちゃを片付けてしまい、それ以上は猫の相手をしないのが正しい対応ですよ。

でも、まだ子猫だったり、遊び好きな性格の子だったりすると、もっと遊んでほしい!と飼い主にじゃれついてくることがあります。

どうしても飼い猫がじゃれてくるときは、飼い主さんは猫がいる部屋を一旦移動してしまいましょう。

猫としばらく離れることで、猫も遊びは終わりなんだ、と諦めるようになり、眠ったりするようになりますよ。

とにかく、猫が飼い主にじゃれついてきて、噛んだり引っかいたりしてくるときは、一旦猫と距離を置くのが効果的なんです。

猫もじゃれる対象である飼い主がいなくなったことで、気持ちが落ち着くようになりますよ。

私も在宅で仕事をしているのですが、以前はよく猫がじゃれてきて、噛みついたり引っかいたりしてくることがありました。

でも、猫と別の部屋に移動して仕事をするようになると、猫も落ち着いてきて、その後また一緒の部屋で過ごすようになっても、じゃれてこなくなりましたよ!

ぜひ猫がずっと遊びたがるため、じゃれてくる場合は、別の部屋に移動してみてくださいね。

猫を一匹だけにさせることで、本当にちゃんと猫は気持ちが落ち着くので、遊びたがらなくなるし、じゃれてくるのもやめるようになります。

絶対にじゃれてくるからといって、またおもちゃを取り出して遊んであげてはいけませんよ!

飼い主にじゃれることで遊んでもらえるんだと覚えてしまうので、猫の要求通りにしないようにすることが大事です。

猫の場合はしつけるというより、覚えさせるということが一番なことなんですよ。

遊ぶのは短時間だけで、飼い主にじゃれついたら飼い主と離ればなれになる、ということを覚えさせていけば、ずっと遊びたがることもなくなるもの。

根気がいることですが、我が家はこの方法で、飼い猫に遊びの時間や、飼い主にじゃれてはいけないことを覚えさせました。

ちなみに、猫がずっと遊びたがって、飼い主にじゃれてくるため、猫を叩いたり怒鳴ったりするのはNGなので覚えておきましょう。

猫をしつけようとして叩いたり怒鳴ったりすると、猫との関係にヒビが入り、飼い主を怖がるようになるので、くれぐれもやめてくださいね。

どんなに猫が悪さをしても、叩いたり怒鳴ってしつけようとするのは適切ではないのでご注意を。

猫がずっと遊びたがる時の対応まとめ

猫がずっと遊びたがる場合であっても、猫は持久力がないため、15分を目安に遊んであげるようにしましょう。

遊ばせ過ぎると疲れてしまい、ご飯を食べなくなることもあるので注意が必要!

15分経ったらおもちゃを片し、それ以上は猫の相手をしないこと。

遊びたがって飼い主にじゃれてきても、部屋を移動するなどして猫を落ち着かせましょう。

そうすれば猫も諦めるようになるし、飼い主にじゃれてはいけないんだと覚えるようになりますよ!

-ペット