Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

生活

ゴム製品の表面の白い粉の除去方法は?新品・劣化したものもコレひとつで綺麗に!

投稿日:2022年6月19日 更新日:

長靴やブーツなどゴムが使われているものに、ある日突然白い粉が付くことがありますよね。

白い粉が付くような場所に行ったっけ?と思いながら手で払ってもなかなか取れません。

水洗いをしてもなかなか取れないこの白い粉はいったい何なのでしょうか。

綺麗に除去する方法と合わせて解説していきたいと思います。



ゴムの表面の白い粉の正体は

白い粉の正体は、ゴム製品を作る際に原料に混ぜる配合剤 です。

ゴム製品の工場などではブルームと呼ばれていて、長時間保管をしていると出てくる物らしいです。

ゴムの質が悪くなったわけではないので、使っていく上で特に問題はないらしいですね。

配合剤が混ぜられていないゴム製品は無いと言えるので、我慢するしかないです。質の良いゴム製品を作るためには無くてはならないモノですから。

ブルームが表面を覆うことで空気中のオゾンや紫外線から製品を守る効果もあって、あえて付けている業者もあるらしいですよ。

しかし不良品では無いとはいえ、あまり気持ちのいいものではありませんよね。

あまりないとは思いますが、小さいお子さんが口にしてしまったとしたら。薬剤なので、考えるだけで恐ろしいです。

ゴムの表面の白い粉:ブルームの原因

加硫不足

加硫とは、硫黄などを加えて、加圧、加熱すると起きる化学反応のことです。この結果、ゴムは伸び縮みする弾力があるものになり、熱にも強くなります。加硫の時間が短かったり、温度が低かったりするとブルームが発生しやすくなります。

ゴム練り不足

配合剤をゴムと混ぜる時に回数が少なかったりすると混ざり具合のばらつきが生まれてブルームの原因になります。

配合不良

新製品を作る際など、配合剤を間違えて入れてしまったときに発生しやすくなります。

完成品の保管状況が悪い

高温多湿の場所や置いて置いておいたり、密閉状態で保管していると発生することがあります。

上記は製造段階で起こることで、劣化とは違います。不良品以外でも発生することがあるので、クレームはやめておいたほうがいいでしょう。気にはなりますけど、どうしようもないみたいです。

ゴム製品の表面の白い粉の除去手順

用意するものはつや出し剤(シリコーンオイル)と乾いた布です。

カー用品店やホームセンターで購入できますし、Amazonなんかにも売られています。

まずは水洗いをして、白い粉以外の汚れを落とします。

汚れが落ちたら乾燥させます。待つのが面倒であればドライヤーを使えば早く乾燥させることができるでしょう。

乾いた後は布にシリコーンオイルを塗布して白くなっているところを拭きます。綺麗に落ちていくはずです。

塗った後はから拭きして仕上げになります。匂いもなくツヤツヤです。

ブルームの発生も抑えてくれるのでいいことだらけですね

ただし、滑りやすくなるので塗る場所にはくれぐれもご注意を。

ブルームを落とすだけならアルコールで拭くのも効果的です。

ただし、シリコーンゴムとニトリルゴムはアルコールに弱いので使わないほうがいいでしょう。

ゴムの白い粉は拭いただけでは除去できない・クレポリメイトナチュラル・100均     

手でこすってもなかなか取れない白い粉。たくさんあるつや出し剤の中から何を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのは、クレポリメイトナチュラルです。

保護効果があり、ゴムの劣化を防ぎ、つやを出します。UV吸収剤が含まれているので、紫外線からも守ってくれます。

使用後は、汚れが付きにくくなる優れモノです。

  

ゴム以外に、ビニール、ラバー、プラスチック、グラスファイバー、合成皮革などに使うことができます。

使用できないものもありますので注意しましょう。滑りやすくなるので自動車のペダルやハンドル、床や階段などには使用しないでください。

その他にも使用できない素材がありますので、注意書きを確認してから使用してください。

もっと安くできないかな

そう思ったあなた、実は100均に売っている靴磨き剤でも代用することができるんです。

100均の靴磨き剤にもたくさんの種類があります。どれでも良いわけではなくて、選ぶポイントがあります。

必ずシリコーンオイルの物を買いましょう。ワックスやクリームを選んでしまうと効果がありません。注意してください。

ウェットティッシュのようなものもありますので、自分が使いやすいものを選ぶのが良いと思います。

ちなみにシリコンとシリコーンは別物です。

シリコンはケイ素のことです。元素です。シリコーンはケイ素を使用して作られた化合物のこと。

シリコンを原料にして作られたものがシリコーン。

ややこしいですね。

白い粉の除去方法についてのまとめ

なかなか落ちないあの白い粉は、クレポリメイトナチュラルで簡単に落とすことができます。

100均の靴磨き剤でも代用することが可能ですが、クレポリメイトナチュラルのほうが効果が高いのでぜひ使ってみてください。

-生活