Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

おでかけ

達古武オートキャンプ場で蚊の大群から逃げまくってきた。

投稿日:2019年2月13日 更新日:

お盆に達古武湖のオートキャンプ場行ってきました。

「たっこぶこ」と読みます。釧路市街からもほど近いロケーションにも関わらず、静かで湖の景色も抜群。

釧路で遊んだけど、せっかくだからもっと釧路の自然を満喫したい。でも、その後阿寒まで足を運ぶのはちょっと億劫だなって人にはおすすめできるんじゃないかと。

釧路で設備などもよく整っていたので、どんなキャンプ場かシェアしますね。

合わせて、釧路湿原の蚊の大群に襲われないための場所も教えようと思っています。まじで設営場所を間違えると悲惨ですマジで(笑)



雄大な自然を感じられる達古武オートキャンプ場

ここ達古武キャンプ場はその名の通り、達古武湖のすぐ横、湖畔にあるキャンプ場です。 フリーサイトとオートサイト、ロッジ、バンガローの4種があります。

私たちのオートサイトから、ちょろっと湖がみえる
フリーサイト
ロッジ。中はとっても綺麗
バンガロー。え??ロッジとのギャップ(笑)

閑散期のフリーサイトでは湖のすぐ脇にテント設営することができますし、ロッジからも一日中刻々と変化する湖の風景を楽しむことができます。

私たちのオートサイトからは湖を眺めることはできなかったんですが、それでも歩いて数秒で見ることができる位置でしたよ。

本当は湖に近いサイトを予約したかったんですが、前日に予約したので、キャンプ場の中ほどにあるサイトです。

後程書きますが、蚊対策という意味でこれが本当に良かった。

設備も充実して清潔が保たれている

達古武湖っていう結構マイナーというか、初めて見たような名前のキャンプ場でしたが、設備などもきちんと整っていて、とても快適に過ごすことができました。

炊事場はお湯は出ませんが、清掃がしっかりされていて気持ちよく使えましたし

結構大きめ
一人暮らしの男のシンクよりピカピカ

トイレも毎日なのかな??ちゃんとメンテナンスされているみたで、汚かったり虫がトイレットペーパーについてるとかいう悲劇も起きませんでした(笑)

トイレ

特に頑張ってるなーーと思ったのはセンターハウス内。結構最近建て替えたんですかね??ここで寝泊まりしてーーーってくらいくつろげるスペースになっていました^^

センターハウス
すんごい綺麗で売店・シャワールームもある

私たちは近くの温泉まで行ったので使いませんでしたが、中にはシャワースペースもあります。お盆など繁忙期は混み合うようですが、

↑ハウス内の暖の取れる休憩スペースには本がぎっしりおかれていたので、待ち時間も苦にはならなそうですね^^

達古武湖のキャンプ場はこどもも楽しめる場所がいっぱい

キャンプに来たんで、自然を満喫しろよって話なんですが、そうも言ってられないのがこどもですよね。

アスレチックとかないと普通につまんなーいとか言ってきます(笑) こっちは焼肉しながらビール飲んでくつろぎたいんじゃアホ!!

で、遊び場ですが、遊具というか道具がたくさん準備されていました。それらもセンターハウス内にあるんですが、例えば

・バドミントン
・ボール
・バスケットボール

などなど。数に限りはありますが、そんなに大きなキャンプ場ではないし、大概余っておいてありました。

うちのこはバドミントンに始終ご執心で、楽しめたみたいです。助かりました。

まあ最悪借りれなくても、そこは大人の腕の見せ所ってやつですね。自然での遊び方を教えてやりましょう。

他にも鉄棒や、謎のタイヤ??みたいなやつもありました。

ぼよよんよん
ここから
そりゃっ!!

うちのちびちゃん鉄棒うまくね??なかなかいいんじゃあないか??と親バカながら思います(笑)

カヌーレンタルが格安

実はここ達古武湖は格安でカヌーをレンタルできるキャンプ場としても知られています。

私たちが行った8/19日は、湖の中に水草??なんていうか忘れちゃったんですけど、生えていて、そのせいでレンタルできませんでした。

ただレンタルできる季節だった場合は、特にこどもの年齢制限などなく借りられるみたいですね。

ガイドとかはどっかのツアーの申し込まないとつかないので、転覆したらオワタ・・・ですけどね。

テントの前で花火できました

たのちーーー

普通にテントの目の前の道で花火することができました。

近くのキャンパーの迷惑になってはいけないので20時前くらいにやったのかな??他の家族も花火を楽しんでいました。

手持ち花火に照らされて、なんかザ・夏の思い出的な写真撮れちゃった。

やっぱこどもが一番楽しみにしていることといったら花火ですよね^^

ちなみにキャンプ場内の売店では花火など売ってなかったので、釧路市街か地元で準備してこないとできませんよ~

花火といえば、9月には釧路大漁どんぱく花火大会が開催されます。北海道で唯一三尺玉(直径600メートル)の特大花火を見られる大会ですね。

これについて、超詳しくリサーチした記事があるので、日程が合えばぜひ。

→釧路大漁どんぱく花火大会徹底攻略記事

達古武ライフの明暗を分けるサイトの設営場所

これ超重要です。忘れてはいけません。ここは釧路湿原なんですよ。

湿原!!水たまり!!イコール、蚊!!!

この方程式を決して忘れてはいけません。(笑)

北海道の道東だと、大体7月から9月くらいに吸血系の虫が活発に動いているイメージですね。なのでこの時期に湖畔でキャンプを考えている場合は気を付けてください。

虫の少ないサイトの場所

気をつけろって言われても、いるもんはいるんです。虫だって生きてるんだもの仕方がない。

虫よけだなんだっていくらつけても、効果には限界があります。

なので、虫の少ない場所を選んだうえで、対策をしましょうって話ですね。

で、具体的にどこが蚊だのブヨだの少ないの??って話なんですが、それは水たまりや藪から離れた場所。

達古武湖のサイトでいうと、オートキャンプサイトの真ん中の方か、フリーサイトの湖から少し離れたところがいいと思われます。

木道入り口の近くのバンガロー近くはは小川が流れてて、ちょっと近づいただけでも蚊がほわわわ~~~~んって何匹も近寄ってきました。

フリーサイトでは、ついつい湖の近くを陣取りたい気分になりますが、吸血されたくなくば、少し離れた場所でのテント設営がよいでしょう!!

私たちは、真ん中の列のオートサイトだったんですが、一応虫よけスプレーと蚊取り線香の装備をしたら刺されることはありませんでしたよ。

遊歩道(木道)は蚊にひたすら追われる事態に

達古武オートキャンプ場の奥の方には湿原の脇を通れる遊歩道があります。いい雰囲気でしょー??

散歩がてら湿原を散策したいよねってことで、朝チェックアウトする前に出発したんですが、これがやばかった。

いい時期に散策すれば、水芭蕉や森林浴、湿原の風景なんかもちらちら観ることができて、とってもいいコースなんですが、

今は8月中旬。蚊の季節。

ドラクエのパーティーなんか目じゃないくらい奴らが寄ってきます。

ふと後ろを振り向くと、蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊かかっかかっか

みたいな(笑)

超速足で移動しても、飢えてるんでしょうね・・・すごいスピードで、さらに歩けば歩くほど大群になってくるんです。

もちろん、出発前に虫よけスプレーをかけてきましたが、そんなのヘノ河童!!全然お構いなしに寄ってたかって襲ってきます。

んで、美味しい血はどれかちゃんと分かってるんですね。こども狙いっすわ。超怖かった( ゚Д゚)

なので、それでも遊歩道に行きたいって方は、長そで長ズボン、黒い服NGとかとか、最低限の虫ルールを守って挑んでくださいませ・・・。

キャンプ場の近くに温泉はあるの??

達古武オートキャンプ場にはシャワー設備は整っていますが、温泉は少し離れたところまで足を運ばないといけません。

私たちは車で約20分くらいのところにある茅沼温泉に行きました。

普通に宿泊できるような宿の日帰り温泉を利用って感じです。

大人450円でリーズナボー

8月とはいえ北海道の夜はめちゃんこ寒いので、温泉で温まれて心底幸せ感じました。

確か、夜は満点の星空。が、夜晴れてると気温がぐんぐん下がるんですよね。体感的には10℃くらいだったと思われます。

ぶるぶる震えてしまうわ!!ビールもう飲めんわ!!ってなりました^^;

以上です。達古武オートキャンプ場に行ってきたよレポでした~

-おでかけ