Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

生活

【ピンク&黒カビ別】ビニールプールのカビ取り法!赤ちゃんも安心なプールへ

投稿日:2020年7月16日 更新日:

ビニールプールは主に小さな子どもが遊ぶものなので、カビをキレイに取って安心して使えるようにしたいですよね。

そこで調べてみると、カビ取り方法はカビの種類によって異なることが分かりました。

ピンク色の汚れには重曹、黒カビには塩素系漂白剤が効果的ですよ。

ここでは、それぞれのカビ取り方法を詳しくお伝えするとともに、ビニールプールの簡単な排水方法や上手な保管方法もご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。



ビニールプールのカビ取り方法「ピンク・黒カビ別」

ビニールプールに生えるカビは、大きく分けると2種類あります。

「ピンク色の汚れ」と「黒カビ」です。

取り方は、ピンク色の汚れには重曹、黒カビには塩素系漂白剤が効きます。

それぞれ詳しく見ていきます。

ピンク汚れの取り方

まずはピンク色の汚れからです。ピンク汚れの取り方は、重曹を使います。

  • 重曹を粉のまま、ピンク汚れにふりかけます。
  • そして、重曹ごとスポンジでこすります。
  • 水でよくすすいだら完了です。

ピンク汚れは繁殖力が強いですが、重曹は菌の繁殖を防ぐこともできます。

重曹は自然由来のため、人体に悪影響はありませんし、赤ちゃんがいる人でも安心して使えるのが良いですね。

ちなみに厳密に言うと、ピンク色のものはカビではなく、「ロドトルラ」という酵母菌の一種です。

「カビじゃないんだったら、そこまで神経質になる必要はない?」と思うかもしれませんが、実はこのピンク汚れは厄介なんです。

黒カビはピンク汚れをエサにして繁殖するんですよ。

ですので、ピンク汚れを見つけた時にはすぐに対処する必要があります。

黒カビの取り方

次に黒カビです。

黒カビを取る時は、塩素系漂白剤を使います。

  1. まず塩素系漂白剤を黒カビの生えている部分にスプレーします。
  2. 5~10分程そのまま放置し、時間がたったら水でよくすすいで完了です。
  3. 一度で落ちない場合は、再度同じことを繰り返しましょう。

黒カビはれっきとしたカビなので、深く根を張っている可能性もあり、重曹では少し頼りないです。

取り切れていないとアレルギーを引き起こす原因にもなるので、しっかり落としましょう。

塩素系漂白剤の主な成分は「次亜塩素酸塩」と「水酸化ナトリウム」です。

それぞれが作用して、カビを根こそぎ退治してくれますよ。

ピンクの汚れも黒カビも、ご紹介した方法でスッキリ取ってみてくださいね。

ビニールプールの簡単な排水方法

次にご紹介するのは、ビニールプールの簡単な排水方法です。

底にある排水用の栓を開けただけではなかなか水は流れていきませんよね。

バケツで水をすくい出すのも重労働です。

そこで使うのが1本の「ホース」です。

ホースの片方の端をプールの中に沈めて、もう片方の端をプールの外に出しておきます。

そうすると、ホースを伝って勝手に水が流れていきますよ。

この時のポイントは、外に出したホースの端をできるだけ低い位置にすることです。

時間はかかりますが、勝手に水が出ていってくれるので楽なんです。

わたしは昔、年の離れた妹が小さい時によく庭でビニールプールで遊びましたが、準備と後片付けはわたしの仕事でした。

わたし達が使っていたプールは排水用の栓がないタイプの大きなプール。

ホースの排水方法を知らない時は、プールの側面を手や体で倒して少しずつ水を出し、最後はプールをひっくり返して残りの水を出すというやり方をしていました。

このやり方でも水は抜けるのですが、時間はかかるし、水は重いしでとても大変だったのを覚えています。

ですが、ホースの排水方法を知ってからはずっとそのやり方をしていました。

何しろ楽ですし、ついでに庭の花にも水やりができるので一石二鳥なんですよ。

ビニールプールの上手な保管方法

次に、ビニールプールの上手な保管方法をご紹介します。

ビニールプールって購入した時はぺちゃんこですが、一度でも使うとかさばるんですよね。

おすすめの保管方法は、クルクルと巻いて、100円均一ショップなどで売っている、蓋付きのプラスチック製のケースに入れる方法です。

基本的にビニールプールは夏にしか使わないのもなので、それ以外の季節に邪魔にならないようにしておきたいですよね。

蓋付きのケースだと、その上に他のケースを重ねることもできるので、スペースを有効活用できます。

なお、保管する前には、ビニールプールをよく乾かして、ピンク色の汚れや黒カビが繁殖しないようにしておきましょう。

また、ビニールの素材上、長時間放置しておくとどうしてもくっついてしまいます。

ですので、畳む前にベビーパウダーを少しかけてサラサラにしておくのがおすすめです。

こうしておくと、次にプールを使う時にも、くっつくことなく簡単に開けられますよ。

ビニールプールのカビ取り方法まとめ

今回は、ビニールプールに生えたカビの取り方をご紹介しました。

ピンク色の汚れには重曹、黒カビには塩素系漂白剤が効果的です。

また、ビニールプールを排水するにはホースを使うと簡単だということや、蓋付きのケースに入れて保管する方法も合わせてご紹介しました。

子どもが大好きなビニールプールです。

いつでも安心して使えるようにしておきたいですね。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「このプツプツどうしてる?」バジルシードの食べ方は噛む方が少数!?

バジルシードは、東南アジアで愛されているスーパーフードです。 栄養豊富でダイエット効果も期待できると、日本だけでなく世界でも人気がありますよね。 ヨーグルトにかけたり、ドレッシングに混ぜたり、色々と使 …

【個人差あり】ゼラニウムの香りは生花とアロマで違う?心と身体を整える効果も

アロマの精油としても有名なゼラニウムですが、実は花自体からは、香りを感じることは難しいんです。 しかも、ゼラニウムには種類がたくさんあるので、一概に○○がゼラニウムの香り、とも言えないんですよね。 な …

珪藻土バスマットのカビを綺麗サッパリ取り除く方法【紙やすり・漂白剤】

珪藻土バスマットにカビが生えてしまった時の対処法は主に二つあります。 紙やすりで削る塩素系漂白剤を使用する のふたつです。どちらも簡単な方法ですが、紙やすりの場合は番手や後処理の際にポイントがあります …

今話題!置き薬の仕組みや会社比較!解約トラブルはない?

風邪やウイルスが流行っている時期はできるだけ外出は避けたいですよね。 そんな時に便利なのが「置き薬」の制度なんです。 置き薬があると、薬が必要な時でもわざわざドラッグストアや薬局に行く必要がないので、 …

「こっち来るな!」バジルの育て方に気を付けて!虫が付いたときの対処法

植木鉢やプランターで育てられて、病気にも強いバジル。 栽培の手軽さだけでなく料理にも簡単に使えるので、初心者にも人気のハーブです。 すくすくと生長するので育てるのが楽しいバジルですが、気がついたら虫に …