Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

ガーデニング

りんごを種から育てると実がなるまで何年掛かる?1年生苗までの育て方

投稿日:

食べ終わったりんごの種、これを土にまいたらりんごの実ができるんじゃないかと考えたことはありませんか?

なんだか夢がありますよね。

そこで調べてみると、りんごを種から育てることは可能だということが分かりました。

実際に育てている人はいるようです。

ただ、素人が育てても、スーパーで買うような美味しいりんごの実にはならないということも分かりました。

ここでは、市販のりんごの種からりんごを育てることは可能なのかや、実がなるまで何年くらいかかるのか。

また、種から1年目の苗「1年生苗」までの育て方をまとめてみました。



市販のりんごの種から育てるって可能?実がなるまで何年掛かるの?

誰もが一度は思ったことがあるんじゃないでしょうか。

食べた果物の種を育てたら実がなるんじゃないかと。

わたしは小さい時に柿の種を庭に植えたら芽が出て、とても嬉しかったのを覚えています。

ここではりんごに注目して、市販のりんごの種からりんごを育てることは可能かどうかをみていきます。

結論から言うと、育てられます。

食べた後のりんごの種を土に植えると、ちゃんと芽が出て、やがて木になり、真っ赤なりんごの実をつけるんですよ。

小さい種から立派な木になってやがて実をつけるって、果物も生きているんだなぁと感動してしまいますよね。

ただ、とても長い時間がかかります。

食べたあとのりんごの種から実際に実をつけるまでは約10年。

人間の赤ちゃんが生まれた時にりんごの種をまいたとすると、その子どもが小学4年生位になって初めて実をつけるんです。

ですので、りんごは種から育てるというよりは、苗木を買ってきてそれを植えるやり方が一般的です。

農家でも一般家庭でも苗木から育てるんですよ。

りんご栽培の難しいところ

なお、種からりんごを育ててちゃんと実をつけたとしても、その実が食べられるような美味しい実になるかというとそうではありません。

実は、りんご栽培には大きく2つの難しい点があります。

剪定

1つ目は剪定です。

りんごは、美味しい実をつけるために、剪定作業をする必要があります。

枝や葉が密集したままだと良いりんごが育たないからです。

木の中まで太陽の光が届くように、剪定作業を行うのです。

この選定作業は、長年りんご栽培をしている農家の人でも難しいそうなんですよ。

受粉

2つ目は受粉です。

りんごは「他家結実」といって、自分の花粉では受粉しません。

他の品種の花粉で受粉し、実をつける性質を持っています。

ですので、1つのりんごを食べた後の種だけでは実は育たないということ。

複数の品種のりんごを同時に育てる必要があります。

そして受粉は、ハチの力を借りるか、人の手で受粉しなければなりません。

この受粉作業はとても難しいんですよ。

これらから分かるように、素人が食べられるりんごを育てようと思うと、よほどの勉強と努力、手間ひまが必要ということですね。

もし自分で育ててみるなら、鑑賞用のりんごを育ててみるといいかもしれませんね。

りんごの種から1年生苗までの育て方

発芽してから間もない草や花のことを苗といいます。

ここでは、種から1年目の苗「1年生苗」までの育て方をご紹介します。

種の下準備

まず、土に植えるための種の下準備をします。

りんごを美味しく食べた後、種を水で洗います。

りんごの実には発芽を抑制する成分が入っているので、きれいに実を洗い流しましょう。

そして、種を湿らせたキッチンペーパーや水苔などで包み、冷蔵庫で3~4日保存しておきます。

種を低温状態で保存しておくことで、種の外側の部分が柔らかくなり、種の中の発芽しようという力が促進されますよ。

なお、冷蔵庫で種を保存している間にカビが生えたり腐ったりしないよう、キッチンペーパーや水苔は毎日取り替えましょう。

そして、3~4日程経ったら、種をメネデール希釈液に2~3時間ほど漬けます。

メネデールとは、植物の成長にとって欠かせない「二価鉄イオン」が含まれている植物のサプリメントのようなもので、植物活力素といわれています。

種をまく前にメネデールを100倍に希釈したメネデール希釈液に種を浸けておくと、発芽率が上がる可能性がありますよ。

ここまでが種の下準備です。

土に植える準備

次に、種を土に植える準備です。

種まきの時期は2~5月が良いとされています。

まず、セルトレイやポリポットなどの下部に穴があいている容器に土を入れます。

土は市販の種まき用の培養土を使いましょう。

そして、種を土にまいて温かい日当たりの良い場所に置き、水をあげます。

その後も土が乾いたら水やりをしましょう。

数日待っていると、待望の芽が出てきますよ。

その後、芽がある程度成長してきたら、土の中に張った根がそれまでの容器では窮屈になってきます。

プランターや植木鉢、地面に発芽した苗を植え替えましょう。

土は、市販の果樹用の培養土を使います。

あとは苗がぐんぐん育つのを見守るのみです。

水やりは土の表面が乾いたらやるようにしましょう。

肥料は、秋ごろに一度やるといいですよ。

なお、必ず発芽するわけではないので、複数の種で試してみましょうね。

まとめ

今回は、市販のりんごの種からりんごを育てることは可能なのかや、実がなるまで何年位かかるのか。

また、種から1年目の苗「1年生苗」までの育て方をまとめてみました。

なかなかスーパーに並んでいるような美味しいりんごを自分で育てるのは難しいかもしれません。

ですが、種から苗を育ててみて植物の命を感じてみたり、鑑賞用のりんごを育てる楽しみを感じてみるのはいいかもしれませんね。

-ガーデニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トマトの葉っぱが白いのはうどんこ病!初心者でもできる対策を紹介!

トマトを育てていると葉っぱに白い粉のようなものがついていることってありませんか? 調べてみると、この症状は「うどんこ病」で、放っておくと葉が枯れてしまうこともある厄介な病気だということが分かりました。 …

【注意】水仙の毒を取り込んでしまった時の症状や致死量はどれくらい?

水仙の花は比較的育てやすいので、庭先に植えている人も多いと思います。 姿は上品で美しく、甘い良い香りもするため魅力的な植物ですよね。 ですが、「美しいものには棘がある」という言葉どおり、水仙には危険な …

【即解決】ヒヤシンス球根のカビ・腐る・根腐れを防ぐベストな水加減を教える

ヒヤシンスは土を使わずに育てられる、水栽培ができる植物です。 幼稚園や小学校で育てた記憶がある人もいるかもしれません。 ですが、いざ自分で育ててみると、案外難しくありませんか? 調べてみると、実はヒヤ …

ピーマンなのに辛いやつって何なの?ピーマンじゃないの?

家庭菜園で育てたりすると、「これ本当にピーマンなの?」と思うような辛いピーマンにあたることがあります。 ピーマンが辛いのは2つの可能性が考えられます。 そもそもピーマンではないピーマンだけど辛い 場合 …

白菜を虫食い被害から守る3つの方法と理由を教える【初心者向け】

白菜は害虫がつきやすいアブラナ科なので、家庭菜園で育てていると虫食いの被害にあうことも多々あります。 害虫駆除薬を使えば簡単に駆除できるのかもしれませんが、できることなら農薬を使わずに育てたいものです …