Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

生活

【彼女にNG?】ドライフラワーのプレゼントに込められた深い意味とは?

投稿日:

ドライフラワーは美しいだけではなく、プレゼントするときは風水的な意味も発生します。

この記事では、ドライフラワーに込められた深い意味と、女性へのプレゼントにしても失礼にならないのかどうかまとめました。



ドライフラワーのプレゼントに込められた深い意味とは

美しい色と形をキープした状態を、長い期間楽しめるドライフラワーは、スワッグの1種として、インテリアに華やかさを与えてくれます。

そんなきれいなドライフラワーですが、一部では「死んだ花」「枯れた花」と言われ、忌み嫌われてしまう場合もあるようです。

けれど、ドライフラワーは生きています。

あのきれいな色がずっと楽しめるのは、お花が生きている証拠です。

季節や飾っている環境にもよりますが、ドライフラワーはだいたい3ヶ月〜半年程度、その美しさを保ちます。

そんな長い間、美しく楽しませてくれるドライフラワーには、長い歴史があります。

古くは、古代エジプトのピラミッドで、ミイラの首飾りとして添えられていました。

また、ギリシャ神話では、枯れていく花を悲しんで、ドライフラワーを考え出したというお話もあります。

日本でも、江戸の園芸家の書物に、ドライフラワーの記載があるそうで、はるか昔から、お花の美しさを保ちたいと考えられていたんですね。

ドライフラワーが一般的になったのは、17世紀頃のヨーロッパからです。

長い冬が厳しいヨーロッパの室内で、お花を楽しむために取り入れられたと言われています。

そのほかにも、教会でリースにして飾られたり、死者を弔う時にも使用されたのですが、その理由は、ドライフラワーはお花が最高に美しいときに作られるからです。

お花はいつか枯れてしまいます。しかし、ドライフラワーにすれば、その美しさを長い間キープできるのです。

日本よりも湿度の低い国では、ドライフラワーは永遠に咲いている花として考えられています。

なので、死者に対しての感謝や愛情を伝えるのに、ピッタリなんですね。

また、永遠の愛情を表現するため、結婚式のブーケにもドライフラワーが用いられたり、日常的には、魔除けや空気の清浄、装飾として活用されています。

日本で特になじみがあるのは、リースですね。

インテリアとしても優秀なドライフラワーは、クリスマスシーズンなどには、玄関先や暖炉まわりなど、いろいろな場所に飾って楽しむことができます。

輪っかになっているリースは、「永遠」や「不滅」を表していて、幸運をもたらしたり、幸福のお守りとして現在でも愛されています。

そんな歴史のあるドライフラワーですが、日本では拒否反応をしめす人もいます。

冒頭でお伝えしたように、「死んだ花」「枯れた花」というイメージが強いからでしょうか。

けれど、海外ではとても愛情のこもった、幸福のお守り。プレゼントとしてはどうなのか、次でご紹介します。

ドライフラワーのプレゼントを彼女に贈っても失礼にならない?

まず、プレゼントとしてドライフラワーを送ることは、とても素敵なことです。

その意味合いは、相手の幸福を願ったり、感謝を伝えたりとポジティブなものになります。

海外の花言葉では、「永遠に」「感謝の気持ち」「永遠に続く思い出」などがあり、友情や愛情、感謝を伝える意味合いとして、ドライフラワーが使われるのです。

愛情を伝えたい相手は、亡くなった相手だけではありませんよね。

たくさんの素敵なシーンで、ドライフラワーが贈られているのです。

ただ、日本人の中には、ドライフラワーにあまりいい感情をもたない人も少なくありません。

理由はいろいろありますが、お花が枯れている・死んでいる、手入れが面倒、風水を気にしている、インテリアに馴染まない・・・といったところでしょうか。

まず、ドライフラワーは生きていますが、しっかりと乾燥させているので、枯れていると思ってしまうのは仕方ないことかもしれませんね。

そしてドライフラワーのイメージが、死者を弔うものとして記憶されている場合も、いい感情は持たない可能性があります。

また、ドライフラワーはホコリを払ったり、落ちた花びらなどを取り除く作業が必要です。

そういった手間を惜しむ場合には、あまりおすすめできないのです。

そして、風水にかぎらずですが、ドライフラワーはなんとなく運気に悪影響・・・といった、フワッとしたネガティブイメージをもたれていることもあります。

なにより、ドライフラワーは、オシャレな空間がとてもよく似合います。

インテリアにそれほど興味のない相手だと、持て余してしまうかもしれません。

普通の室内にポツンとドライフラワーが飾ってあっても、馴染まないんですね。

そんないろいろな理由から、ドライフラワーを贈るときには、相手の好みも大切になります。

ドライフラワー自体は、永遠の愛や感謝を伝えたくて贈るものです。

その花言葉や意味も、いっしょにうまく伝えられると、もっといいかもしれませんね。

贈りたい相手がオシャレで、インテリアにこだわりを持っていたり、日頃からお花を飾ったりするのが好きな場合には、喜んでもらえるでしょう。

吊るすタイプだけでなく、瓶詰めになっているものなど、飾るのも保管も簡単な、可愛らしいタイプもあります。

相手が喜ぶような、インテリアにピッタリのドライフラワーを選んでみてくださいね。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

みかんの皮をお風呂に入れるときは干さないと効果なし?作り方も解説

みかんの皮をお風呂に入れるとき、そのために皮を干すのは面倒ですよね。 干していないみかんの皮でもいいのであれば、そのまま入れた方が楽です。 調べてみると、干していないみかんの皮を入れても、干したみかん …

【簡単】溶岩プレートのお手入れ方法と洗い方!洗剤使用はNG?

溶岩プレートのお手入れ方法は意外と簡単ですが、いくつかポイントがあります。 ひとつはよく冷ましてから使用すること。もうひとつは洗剤を使用しない事です。 焼肉の後は油汚れがひどいので、つい洗剤を使用した …

北海道にゴキブリはいないのか??道民がリアルな話をしてみる。

北海道にゴキブリは本当にいないのか?? 友達の話とか、ネットを通してチラホラ噂は聞いたことあるけど、実際のところどうなのかって気になりますよね。 当記事では、Gの聖地東京から、北海道に嫁いだ私がリアル …

コンポストの匂いを抑えるポイント【入れていいもの・入れてはいけないもの】

コンポストはうまく発酵させることができれば、匂いはほとんど気になりません。 ただ、あまりコンポスト向きではない生ごみを入れてしまったりすると話は別。 コンポストの中でかなりの悪臭が発生してしまいます。 …

いつの間にか出現!ナメクジはどこから発生するのか!時には家の中にまで

ナメクジが一体どこから湧いてくるのかというと「湿気」と「エサとなるもの」さえあればどこにでもです。 家の中にはそのような場所がたくさんあって、油断ならないんですよ。 屋外にいるナメクジを見るだけでもイ …