Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

生活

カビキラーの超便利な使い方!トイレ掃除にもカビキラーを活用しよう!

投稿日:2021年8月23日 更新日:

カビキラーの意外な使い方は、便器内にスプレーすると、なんとトイレの黒ずみ落としが出来ること!

基本的にカビキラーって、浴室のカビを除去するのに使う、というイメージですね。

でも実は、トイレ掃除にも役立つものだったんですよ!

浴室だけでなくトイレにも使えるって、かなり便利でしょう。

今回はそんな、カビキラーのおすすめしたい使い方である、トイレ掃除の活用方法を詳しくご紹介!

カビキラーでトイレもピッカピカにしましょうね。



黒ずみ汚れ除去になる!トイレ掃除をする際のカビキラーの使い方はコレだ!

カビキラーのトイレでの使い方としては、便器内の黒ずみ汚れにたっぷりとスプレーをして、トイレットペーパーで覆ってから再度スプレーし、30分放置後に水を流すだけ!

すると簡単にトイレの便器内に発生した、頑固な黒ずみ汚れも、キレイに除去できるんですよ!

では、より詳しくトイレの黒ずみを落とすカビキラーの使い方手順を解説します。

カビキラーを汚れにスプレーする

まずはトイレの便器内にある黒ずみ汚れ部分に、カビキラーをたっぷりとスプレーしてください。

この時、なるべく多めにスプレーをしておくとより効果を発揮しますよ!

トイレットペーパーで覆ってから再度スプレーする

カビキラーをスプレーしたら、汚れ部分にトイレットペーパーを覆いかぶせてしまい、その上から再度、カビキラーをスプレーしてください。

するとカビキラーの成分をしっかりと、トイレの黒ずみ汚れ部分に浸透させることが出来るんですよ!

そのまま30分放置したあと水を流す

再度スプレーをしたら、30分ほどそのままの状態で放置しましょう。

そして30分後、トイレの水を流せば、頑固な黒ずみ汚れもしっかりとキレイに落とせるんです!

以上がカビキラーでトイレ掃除をする使い方。

私もトイレの黒ずみ汚れがひどい時は、カビキラーでこの方法を試してみたことがあります。

すると本当にトイレの黒ずみ汚れが落とせたので、かなりビックリしました!

ということでぜひあなたも、トイレの黒ずみ汚れが気になったら、カビキラーを使って除去していくと良いですよ。

ゴシゴシと便器内をブラシでこすらなくても、簡単にキレイになるので個人的にもおすすめ!

黒ずみ汚れって、ついつい発生させてしまいますね…。

でもカビキラーをトイレットペーパーでパックする、という使い方をすれば、もう黒ずみ汚れができても心配はいりません。

私もこの使い方を知ってからは、トイレの便器内をブラシでこすり洗いすることがなくなりましたから!

これからはトイレ掃除もカビキラーを頼っていくと良いですね!

カビキラーをトイレ掃除に使う場合に知っておきたい注意点!

カビキラーをトイレ掃除に使う際は、必ず換気することと、他の洗剤を混ぜないこと、ゴム手袋とゴーグルを着用すること、そしてトイレタンクの掃除には使用しないように注意!

より詳しくカビキラーをトイレ掃除に使う時の注意点を説明しますね。

カビキラーの使用中は必ず換気をすること

カビキラーは強い塩素系漂白剤であり、刺激臭もあるし、空気中に漂ったカビキラーの成分を吸い込むことで、具合が悪くなることもあります。

そのため、必ずカビキラーを使用する際はトイレの窓を開けておいたり、換気扇を回しておく、ドアを開けたままにするなどしておきましょうね。

私もカビキラーなどの塩素系漂白剤を使う時は、必ず換気を心掛けています。

そのおかげで、今までカビキラーを使っていても、気分が悪くなることはなかったですよ!

あなたもカビキラーを使う時は、換気をくれぐれも忘れないようにしましょう。

他の洗剤と混ぜないこと

カビキラーなど塩素系漂白剤は他の洗剤、特に酸性の洗剤やクエン酸などと混ぜると、人体に有毒なガスが発生してしまうんです!

本当にとっても危険なので、カビキラーを使っている時は、絶対に他の洗剤は便器内に入れないように注意してくださいね。

万が一、便器内に他の洗剤が混ざってしまった時は、すぐ水を流してトイレから脱出しましょう。

そして十分に換気をしておくと良いですよ。

ゴム手袋とゴーグルを着用すること

カビキラーなどの塩素系漂白剤は皮膚に付着すると肌荒れを起こす可能性があるし、トイレの便器ないにスプレーすることで、はねて目に入る危険性もあります。

肌や目を傷めないためにも、トイレ掃除にカビキラーを使う際は、ゴム手袋とゴーグルを着用しておくと安心ですよ。

特に敏感肌など肌が弱い場合は、必ずゴム手袋は忘れずに着用しておきましょう。

カビキラーをトイレタンクの掃除には使用しない

トイレタンクには、金属製やゴム製の部品が使われていることがあります。

金属やゴムにカビキラーなどの塩素系漂白剤を使ってしまうと、部品を劣化させてしまうんですよ!

トイレタンク内の部品が劣化してしまえば、水漏れなどにも繋がる可能性があり、トイレを修理してもらわないといけなくなることも…。

そうならないためにも、トイレタンク内に黒ずみ汚れが付着していたとしても、カビキラーなどの塩素系漂白剤は使わないようにしましょうね。

以上がカビキラーをトイレ掃除に使う際の注意点なので、絶対に忘れないようにしてください。

注意点を守れば、安全かつ効果的に、トイレ掃除にカビキラーを活用できますよ!

カビキラーをトイレで使用する方法まとめ

カビキラーのトイレ掃除での使い方は、黒ずみ汚れにスプレーしてトイレットペーパーで覆い、再度スプレーして30分放置してから水を流すこと!

簡単に黒ずみ汚れが落ちるので本当におすすめ出来ますよ。

ただし注意点として、カビキラーを使う時は換気をし、他の洗剤が混ざらないようにして、またゴム手袋とゴーグルを着用しましょう。

そしてトイレタンクの掃除には、カビキラーは使わないでください。

カビキラーは強力な分、注意しなければいけないこともあるんですね。

安全にトイレ掃除に使うためにも、注意点をきちんと守りましょう!

-生活