Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

生活

【悲報】納豆ご飯で太る事案発生!カロリーを計算してダイエット効果を消さないようにしよう

投稿日:

ダイエットには納豆がいいと聞いたことがあるかもしれませんが、納豆を食べ過ぎると余計に太ってしまうこともあるので要注意です!

よかれと思ってやったのに逆効果なんて悲しすぎますよね。

でも、納豆は食べる量にさえ気をつければ健康的にダイエットができる魅力的な食べ物なんです。

そして納豆ご飯というのはダイエットに最適な取り合わせなんですよ。

ここでは、納豆ご飯ダイエットは本当に効くのか、を血糖値の観点から詳しく見ていきます。

そして、朝に納豆ご飯を食べた方がダイエットに効果的というのは本当か、についても解説します。



納豆ご飯を食べた時の血糖値の上昇は本当に抑えられるのか!?

ダイエットをする時に気を付けないといけないのが糖質です。納豆ご飯で言えば、「ご飯」が糖質にあたります。

なぜ糖質に気をつけないといけないのでしょうか?それは、糖質を採ると血糖値が上がるから。

数値が上がれば下げようとするのが身体の仕組みです。

血糖値が上がると、それを下げるために肝臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

そのインスリンは、糖分を脂肪に換えて身体にため込むという性質があります。

もちろん身体には脂肪が必要なので血糖値が徐々に上がるのならいいのですが、急激に上がると脂肪がため込まれやすくなってしまいます。

つまり、血糖値は急激に上がると太りやすくなるということなんです。

ご飯を食べ過ぎると太ってしまうのはこれが理由です。↓やっぱりこんな人も。

「じゃあ、糖質を採らなければ太らないんじゃないの?」と思うかもしれません。

確かに、糖質を採らなければ体重は落ちます。

ですが、糖質は脳のエネルギーになる重要な栄養素。

生きていくためには必ず採らないといけないんです。

よく糖質を全く採らない「糖質制限ダイエット」でリバウンドする人や失敗する人がいますよね。

それは脳にエネルギーが足りていないから。

脳がちゃんと動かないダイエットなんて続かないんです。

ですが、糖質を採って血糖値が上がると脂肪がつきやすくなるのも事実ですので、糖質の採り方には工夫がいります。

つまり、生きていくためにご飯は食べる必要があるのだけれど、ご飯の採り方に工夫をしないと太ってしまう、ということですね。

そこで登場するのが「納豆」です。

納豆ご飯として、ご飯と納豆を一緒に食べるという工夫をすることでダイエットになるんです。

元々、水溶性食物繊維という食物繊維には血糖値の急激な上昇を抑える効果があると言われていて、大豆がその効果が高いと注目されていました。

ですが、納豆は大豆に比べて水溶性食物繊維が格段に豊富。

納豆は血糖値の急激な上昇を抑える効果が特に高いんです。

つまり、ご飯だけで食べると脂肪がつきやすいけれど、納豆を一緒に食べると脂肪をつきにくくしてくれるということ。

納豆ご飯は健康的なダイエットには最適な取り合わせなんです。

ですが、ダイエットにあたっては納豆にも弱点が。

実は、納豆はカロリーが高い食べ物なんです。

市販されている納豆の1パック約50グラムあたり約100キロカロリーです。

これは、よくダイエットに取り入れられる絹豆腐と比べると3倍以上。

ですので、脂肪をつきにくくしてくれるからと納豆を食べ過ぎるのはダイエットに逆効果です。

納豆を食べる量は、1日に1パックと決めましょう。

夜じゃダメ?納豆ご飯ダイエットは朝からの方が効果的というのは本当か

納豆ご飯が健康的なダイエットに最適ということが分かったところで、いつの時間帯に食べるのが効果的かを見ていきます。

よく、納豆は朝に食べるとダイエットにいいと聞きませんか?

もちろん諸説ありますが、結論から言えば納豆を食べるのに時間帯は関係ないと言えます。

ダイエットするには朝を一番多く食べ、徐々に減らして夜ご飯を少なくするのがいいとよく言われているので

朝が効果的というイメージがついたのかもしれません。

ですが、朝に納豆を食べることで、プラスになる面もいくつかあります。

納豆には、たんぱく質や炭水化物の消化を助けてくれる消化酵素が豊富に含まれています。

朝はなかなか身体が動きにくいですが、納豆を朝食べると食べたものがすみやかに消化されてエネルギーになるので、朝から元気よく活動できるんです。

また、納豆にはオリゴ糖や食物繊維が豊富に含まれているのでお通じをよくする効果もあります。

朝に納豆を食べると、便秘が解消されてすっきりとした一日が期待できますね。

これらを考えると、ダイエットには直接関係ないけれど朝に納豆ご飯を食べた方が身体にはいいと言えますよね。

まとめ

納豆はスーパーに行けばいつでも買えるし、面倒な調理をしなくてもすぐに食べられるのでとても便利な食材です。

嬉しいことに、価格も安い!

『納豆1日1パック』を合言葉にあなたも今日から健康的なダイエットをしてみてはいかがでしょか。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【簡単】コンポストにコバエ・うじ虫がわかないように虫除け対策しよう

コンポストは虫対策をしないと普通にうじ虫・コバエだらけになります。 市販品をそもまま使ったり、自作コンポストで虫対策が甘かったりするとおぞましい光景を目の当たりにすることでしょう。 この記事では コバ …

コーヒーかすの効率的な乾燥方法を紹介!短時間で乾燥させてカビないようにしよう

コーヒーかすって乾燥させるのにすごく時間が掛かりますよね。 しかも外で広げて天日干ししようとすると風で飛んじゃうし、室内で乾燥させようとしてもなかなか乾かなくてすぐにカビてしまいます。 せっかく安価で …

みかんの皮をお風呂に入れるときは干さないと効果なし?作り方も解説

みかんの皮をお風呂に入れるとき、そのために皮を干すのは面倒ですよね。 干していないみかんの皮でもいいのであれば、そのまま入れた方が楽です。 調べてみると、干していないみかんの皮を入れても、干したみかん …

ひとりで勉強できない人必見!スタディチェーンのオンライン自習室をリサーチしてみたよ!

オンライン学習コーチングサービスの「スタディチェーン」で提供しているサービス「オンライン自習室」に実際潜入してみました。 通常は有料のサービスですが、現在は外出自粛・休校などの影響もあって、5月12日 …

コンポストの匂いを抑えるポイント【入れていいもの・入れてはいけないもの】

コンポストはうまく発酵させることができれば、匂いはほとんど気になりません。 ただ、あまりコンポスト向きではない生ごみを入れてしまったりすると話は別。 コンポストの中でかなりの悪臭が発生してしまいます。 …