Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

料理・食材

【簡単】みかんの白い粉とカビの見分け方!白い斑点はワックス!?

投稿日:

みかんの表面に白い斑点がついていることってありますよね。

「もしかしてカビ!?」と気持ち悪くなってしまいます。

ですが調べてみると、みかんの表面の白い斑点はカビのこともあれば、全く別の人体には影響のないもののこともあるんです。

ここでは、みかんの白い粉のカビとの見分け方や、白い斑点の正体、みかんに白いカビが付いていた時はどうしたらいいかをまとめました。

「みかんに付いているこの白いものは何だろう?」と迷った時にはぜひ参考にしてみてくださいね。



みかんの白い粉のカビとの見分け方

みかんの表面が白い時に、それがカビなのか違うものなのかを見分けるのは難しいので簡単な見分け方を紹介します。

それは、白いものが「ふわふわとした胞子状かどうか」です。

ふわふわとした白い胞子状のものであればカビ、そうでなくて白い粉状であればカビ以外のものなんです。

ひどいカビが生えていて、実もジュクジュクに腐ってしまっていた場合はすぐに分かりますが、少量の白いカビだと特に判断は難しいと思います。

なのでふわふわかどうか?これで判断してくださいね。

みかんの白い斑点の正体は何?

では、みかんの白い斑点の正体は何なのか。

残留農薬?汚れ?いえ、違います。

実は、みかんの白い斑点には2種類の可能性が考えられます。

みかんの白い粉①液体肥料

1つは、液体肥料が乾燥したもの。

成分は、「石灰硫黄合剤」という石灰石から取れる成分と硫黄成分が合成されたものです。

天然の食品添加物なので、人体には影響がないんですよ。

みかんは収穫される1ヶ月前くらいになると、果実の肥大が止まります。

そして、糖分や旨み成分であるアミノ酸などが果実の中に大量に蓄積されるようになります。

この頃に、みかんの表面の皮を乾燥させるために散布するのが石灰硫黄合剤です。

皮を乾燥させると、みかんの果実に旨みをとじこめたり、糖度を高めたりすることができます。

また、色つやをよくしたり、カビを防ぐ効果もあるそうです。

この石灰硫黄合剤は、たいていは雨水で流されます。

ですが、雨が少なかったり、みかんがデコボコしていてくぼみが深かったりすると、乾燥して白く残ったままになることがあるんです。

みかんの白い粉②ワックス

もう1つは、ワックスです。

ワックスは、皮膜剤や光沢剤とも言われます。

こちらも安全性が認められているものなので、人体に問題はありません。

収穫したばかりのみかんは、皮に付いているごみや汚れを取り除くために、水洗いやブラッシングが行われます。

その時に、みかん本来が持っている天然のワックス成分が剥がれてしまいます。

天然のワックスが剥がれると、果実の水分が蒸発しやすくなり皮がすぐにしなびてしまいます。

そこで添加されるのがワックスです。

ワックスでみかんをコーティングすることによって、鮮度を保つことができるのです。

ワックスというと、車のワックスや床のワックスを想像してしまい体に悪いものだと思いがちですが、それらとは全く関係のないものです。

成分は天然のロウや樹脂などで、お菓子や錠剤の薬などのコーティングなどにも使われているんですよ。

このように、石灰硫黄合剤もワックスも人体に問題があるものではありません。

ですが、見栄えが悪いなどどうしても気になる人は、水で洗えばすぐに取れますので、洗ってから食べましょうね。

みかんに白いカビが付いていたらどうしたらいいの?

昔よく和歌山の親戚から箱詰めのみかんが送られてきていました。

上から順番に食べていくのですが、そうすると下の方のみかんが食べられるのはずっと先。

その内に白いカビが生える、なんてことがよくありました。

そんな風に、みかんにもし白いカビが付いていたらどうすればいいんでしょうか。

答えは、ずばり、捨てましょう。

「カビは皮だけだから剥いたら食べられるんじゃないの?」と思うかもしれません。

ですが、皮にカビが付いているということは、内部までカビが入り込んでいる可能性があるということ。

カビは潜伏期間が長いので、目に見えていないだけかもしれません。

そして、食べると、お腹をこわしたり下痢をしてしまう可能性があります。

もったいないですが、皮に白いカビが付いているみかんは廃棄しましょう。

なお、カビが付いたみかんと一緒に保存していたみかんはすぐに水で洗いましょう。

カビの胞子が周りのみかんにも付いているかもしれません。

そして、みかんに付いている水分はしっかり拭き取ることも忘れずに。

水気が残って、逆にそこから腐ってしまうこともありますよ。

まとめ

みかんの皮が白い時は、カビ、石灰硫黄合剤、ワックスの内のどれかです。

「石灰硫黄合剤」か「ワックス」だと、人体には影響がない安全なものなのでそのまま食べても大丈夫です。

気になる人は水洗いしましょうね。

皮についた白いものが、ふわふわとした胞子状であればそれはカビです。

みかんの内部にまでカビが入り込んでいる可能性があります。

食べると体に悪影響があるかもしれないので、もったいないですが、カビの生えたみかんは廃棄しましょうね。

-料理・食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きゅうりの皮には栄養素たっぷり!?皮をむくのは臭いが嫌いな人だけ

きゅうりの皮をむくのかむかないのかはどうやって決めていますか? 決めるのは「何となく。」という人もいるかもしれません。 実は、きゅうりの栄養素はほぼ皮にあるんです。 ですので、皮をむいてしまうと、その …

バナナの種は品種改良で消えた!?種なしバナナがどうやって増えるのか教える

バナナを食べていると、断面に黒いプツっとした小さな点を見つけて「これは何?」と思ったことはありませんか? 実は、バナナの中心部にある小さな黒い点は、種の名残なんです。 「じゃあ、今のバナナって種がない …

【比較】ゴールデンキウイと普通のキウイの栄養・効果・カロリーの違い

甘くて酸っぱくてジューシーなキウイ。 その中でも特に甘いと人気なのが、ゴールデンキウイです。 ゴールデンキウイをはじめとするキウイフルーツには、たくさんの栄養素が含まれています。 どんな健康効果が期待 …

意外と知らない!スムージーはブレンダーかミキサーで味に違いが出る!? 

実はスムージー作りにはミキサーの方がおすすめです。 ブレンダーを使用する人もいるんですが、味にはかなりの違いがでるようですよ。 この記事では、ブレンダーとミキサーで作ったすむーじの味の違いと、おすすめ …

【これって傷んでる?】わかめを湯通ししても茶色&ぬめりが出る理由とは?

わかめを湯通ししても色が緑にならない場合は、実は傷んでしまっている可能性大です。 新鮮な生わかめであれば、通常しっかりと色が変化するんですよね。 生わかめはとても傷みやすい食材でもありますから、色の変 …