Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

縄跳びダイエット

縄跳びの長さの目安は身長+55センチ!簡単な長さの合わせ方も紹介

投稿日:

正しい縄跳びの縄の長さの目安は「身長+55㎝」なんです。

ですが調べてみると、年齢によっては身長+55㎝では長すぎることもあるというのが分かりました。

間違った長さで縄跳びをしていると、上達しようにもできないこともあるんですよ。

ここでは、縄跳びの縄の長さの目安を年齢別に紹介するとともに、簡単な縄の長さの合わせ方もご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。



縄跳びの長さの目安を年齢別に紹介

縄跳びの縄の長さの目安は、基本的には「身長+55㎝」です。

身長が155cmの人は縄の長さは210cm、身長が170cmの人の縄の長さは225cmというわけです。

ですが、厳密に言うと、技術によって縄の長さの目安は変わってくるんですよ。

というのも、子どもの場合にはこれだと縄が長すぎるんです。

わたしの娘がいい例です。

娘は4歳で、最近縄跳びを始めましたが、初めは身長+55㎝で縄を合わせていました。

この長さの合わせ方が基本だと思っていたからです。

娘の身長は108cmなので、縄の長さを163cmにしていたんです。

ですが、いざ跳んでみるととてもやりにくそうでした。

縄が娘の足元でもたついて、いくら練習しても前跳びが跳べないんです。

跳べないものだから、娘の機嫌も悪くなる一方…。

そこで、縄を思い切って、左右を5㎝ずつ、つまり合計10㎝程短くしてみました。

すると、さっきまでの苦労が何だったんだと思う位、少し練習しただけで前跳びが跳べるようになったんです。

そう、わたしの娘がいい例と言ったのは、子どもには身長+55㎝の縄の長さだと長すぎるということなんです。

おそらく縄跳びを初めて練習するであろう4~5歳の子どもだと、やや短めの縄の長さにするのがおすすめです。

こどもの場合の目安は、「身長+40~50cm」です。

実際に長さを合わせてみると、想像するよりも短く感じるかもしれません。

ですが、娘の例からも分かるように、長い縄だと足元でもたついてしまって跳びにくいんです。

身長+40~50cmにすると、少し練習をすれば連続の前跳びが跳べるようになりますよ。

なお、小学生になってからは、長さの目安は「身長+55㎝」です。

大人もこの長さで大丈夫です。

ただし、小学生だけど初めて縄跳びの練習をするという子どもや、二重跳びや三重跳びの練習をする人は異なります。

目安の身長+55㎝よりも縄を少し短めにした方が跳びやすいので、跳びながら調整してみてくださいね。

縄跳びの長さの合わせ方

縄跳びの縄の長さの目安は「身長+55㎝」だとお伝えしましたが、ここで問題が。

メジャーを持っていない場合はどうすればいいのでしょうか?

メジャーを持っていない人は縄跳びの縄の長さを測れないという問題です。

もしくは、いちいち測るなんて面倒だ、という問題です。

そこで、これらの問題が解決できる、簡単にできる縄跳びの長さの合わせ方を紹介します。

やり方はとても簡単です。

まずは、縄跳びを跳ぶ時と同じように縄跳びのグリップを持ち、縄の真ん中を両足で踏みます。

そして、グリップを持った手を体の横まで持っていき、縄をピンと張ります。

腕が90°の角度になる長さがちょうどいい長さです。

これだとメジャーを使わなくても簡単に長さが合わせられるので、ぜひ試してみてください。

なお、ちょうどいい縄の長さが分かった後どうすればいいのかも合わせて紹介します。

縄跳びの縄の調整方法

ビニール製の縄跳びの場合、グリップの中に調整用のパーツが入っています。

縄をちょうどいい長さになるように移動させて、パーツで固定し、余った両端の縄をはさみで切りましょう。

はさみで切ると、子どもが成長した時に縄を長くできないから勿体ないと思うかもしれません。

ですが、余った両端の縄を切らずにそのままグリップの中に入れておくと、縄がねじれる原因になって跳びにくいので、切った方がいいんですよ。

また、今ははさみがないという状況だと、縄を結ぶのもひとつです。

はさみで切らなくても、玉結びを一つすると1~2㎝、二つすると2~4㎝、と玉結びをした分だけ縄は短くなります。

なお、この方法をする時には、結び目は左右同じ数の方がバランスが良く、跳びやすいですよ。

縄跳びダイエット1ヶ月チャレンジ

ちなみに…当ブログの管理人が縄跳び1か月でどれくらい痩せられるのか?

という縄跳びダイエットチャレンジを実践しております。

詳しい結果は以下の記事

>>縄跳びダイエット1ヶ月チャレンジ

でまとめてますので、ご覧くださいね。

縄跳びの長の目安のまとめ

今回は、縄跳びの縄の長さは、4~5歳の子どもだと「身長+40~50cm」。

小学生から大人までは「身長+55㎝」が目安だということをお伝えしました。

また、縄跳びを練習したての子どもや技を練習する人はもう少し短くする方が跳びやすいということをお伝えしました。

メジャーが手元になくても、腕が90°の角度になる長さがちょうどいい長さです。

縄跳びの縄の長さは実はとても重要です。

ぜひ正しい長さを知って、縄跳びを楽しく飛びましょうね。

-縄跳びダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【3分で読める】縄跳びで‐3㎏痩せる飛び方を部位別に紹介していく

縄跳びといえば全身を使って運動をするので、いかにもダイエットに効きそうです。 ですが調べてみると、飛び方によってはダイエットに効果がないことが分かったんです。 せっかく縄跳びをしても、疲れるだけ疲れて …

大きさそのままに!縄跳びダイエットで胸が小さくなるのを防ぐ方法とは

手軽にできるダイエットといえば縄跳びダイエットですが、実は女性にとってはある問題点があるんです。 それは、胸が小さくなってしまうということ。 別に胸が小さくなったってかまわない、という人は別ですが、胸 …

効果絶大ってほんと!?縄跳びダイエットに1ヶ月チャレンジを毎日更新するブログ

こんにちは。このページでは当ブログ管理人が縄跳びダイエットにチャレンジしていきます。 最近は新型コロナの自粛続きでとにかく「コロナ太り」がひどい。 ようやく全国的な自粛が終わったけれど、家の中でアニメ …

縄跳び100回のカロリー消費量は70kcal?ダイエット効果がいつから出るかも調査

縄跳び100回のカロリー消費量は約70カロリーと言われています。 これは、結構な消費量なので手軽にできる「縄跳びダイエット」というのが注目されているんですよ。 実は縄跳びは、有酸素運動の中でも消費カロ …