Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

料理・食材

バナナの種は品種改良で消えた!?種なしバナナがどうやって増えるのか教える

投稿日:

バナナを食べていると、断面に黒いプツっとした小さな点を見つけて「これは何?」と思ったことはありませんか?

実は、バナナの中心部にある小さな黒い点は、種の名残なんです。

「じゃあ、今のバナナって種がないのにどうやって増えるの?!」と疑問に思いますよね。

そこで調べてみると、バナナは種がなくても子孫を残すことができるのが分かったんです。

ここでは、バナナの種について詳しくお伝えするとともに、種のないバナナがどうやって増えるのかを紹介したいと思います。



バナナの種はどこ?野生の名残と品種改良

りんごを食べようと皮をむくと、実の中には立派な種が見られます。

他にも、スイカ、柿、桃など、家で食べるような果物にはだいたい種があります。

でも、バナナには種は見当たりませんよね。

そうなんです、私たちが食べているバナナに種はないんです。

でも、輪切りにしたバナナをよく見てみると、中心に小さな黒い点があるのが分かります。

実は、これはバナナの種の名残なんです。

大昔の野生のバナナの原種には、実の中に立派な種があったんですよ。

種のある原種のバナナは、現在でもフィリピンやマレーシアなどに残っていて、現地の人は食べているそうです。

↓こんな

その種は硬くて、0.5㎜前後のアズキ粒くらいの大きさのものがたくさん詰まっているそうですよ。

バナナに種がぎっしりと詰まっているなんてびっくりしますよね。

では、どうしてバナナの種はなくなったのでしょう。

より食べやすいように、種なしに品種改良されたのでしょうか?

答えは、違います。

実は、種なしバナナは偶然の産物なんです。

どういうことかと言えば、バナナの遺伝子に突然変異が起こったために種がなくなったんです。

もともと、原種の種ありバナナは、染色体の数が2本ずつ対になった「二倍体」というものでした。

植物でも動物でも、オスの染色体一本とメスの染色体一本とが合体して2本になるので、この二倍体が多いんです。

ですが、野生の種ありバナナが突然変異を起こし、染色体の数が3本ずつ対になった「三倍体」になりました。

一般的に、三倍体の植物は細胞分裂が不規則になるために、種や卵ができにくいという性質があります。

バナナもそうで、この突然変異によって三倍体の品種になり、種なしバナナができたのです。

本来であれば奇形ということになりますが、種なしのバナナというのは人間にとって都合のいいものでした。

種がないことで食べる部分が多くなりますし、食べやすいですからね。

そこで種なしバナナが定着していったと言われています。

なお、三倍体のバナナは通常の染色体の数とは異なるため、病気になりやすかったり栽培しにくかったりするようです。

そこで、現代では品種改良が進んで、二倍体の種なしバナナがたくさんできています。

二倍体になることで、病気に強くなったり、栽培しやすくなったり、またバナナの皮が薄いという長所があるようですよ。

種なしバナナはどうやって増えるの?

ここまでで、種なしバナナが突然変異ででき、人間にとってメリットが大きかったために現代まで残っているということは分かりました。

そこで疑問になるのが、「種なしバナナはどうやって子孫を残すの?」ということです。

実は、種なしバナナは自然には増えないため、人の手によって増やされているんです。

種がないので自然に増えようがないんですね。

どういうことかというと、茎の根っこから出てくる新芽を、人が株分けすることで子孫を作ります。

バナナの茎というと、木の幹のように見える部分。

バナナは高さが大きいと10メートルくらいもあるので木のように思えますが、実は草です。

木の幹のように見える部分は、柔らかい葉が重なり合っている茎なんです。

種なしバナナの茎の根っこの脇から新芽が生えてくると、人がその中から良い芽だけを選びだして、苗を育てます。

そしてある程度苗が大きく成長したら、大きな畑に植えかえ、バナナの実を育てるのです。

このように、現代のバナナは種がなくても実が収穫できるようになっているんですよ。

まとめ

今回は、バナナの原種には種があったということや、現在一般的に食べられている種なしバナナは突然変異でできたということ。

また、種の名残が現代のバナナにも残っていることや、種なしバナナでも、人が新芽を株分けすることで実をつけることができることをお伝えしました。

いかがでしたか、少し誰かに話したくなる知識ではありませんでしたか?

ちなみに、豊富な栄養素が手軽に摂れるので、わたしは毎朝必ずバナナを食べます。

でも、もし今でもバナナに種があったとしたら、食べることが毎日の習慣にはなっていないと思います。

ただでさえバタバタしている朝に、小さい種を毎回取って食べるなんて考えただけで面倒ですからね。

そう考えると、偶然とはいえ、バナナに突然変異が起こってくれて有難いなぁなんて思うのです。

-料理・食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白菜の茶色のシミは取り除けば食べても大丈夫なの?汁が出てたらアウト

白菜を一株買ったりすると、使い切れず冷蔵庫の中に残ってしまうことがあります。 そして日に日に変色していって、次に料理に使おうと思った時には茶色いシミができていることも。 これって食べてもいいのかどうか …

【毒があると教わった】玉ねぎの芯は食べられるって本当?硬い茎だけ取ろう

玉ねぎの芯には毒があると聞いたことがありませんか? わたしは幼い時に、たしか祖母から、特に芽が出た玉ねぎの芯にはたくさんの毒があると聞いたような気がします。 気になったので調べてみると、実は玉ねぎの芯 …

【解説】りんごの芯が黒いのは「芯カビ病」白い時も除去すればOK?

りんごを食べようと切ってみると、芯やその周りが黒っぽいことがあります。 腐ってるんじゃないかと心配になりますよね。 調べてみると、りんごの芯が黒いのは「芯カビ病」というもので、芯を取り除けば問題なく食 …

「気持ち悪い…」マカダミアナッツの食べすぎは下痢や腹痛のもと!?

マカダミアナッツといえばハワイのお土産の定番ですが、最近は健康や美容に良いということでマカダミアナッツなどのナッツは注目の食材です。 ですが、マカダミアナッツって食べ過ぎるとお腹に悪いと聞いたことはあ …

長ネギの皮は綺麗でも一枚剥くべきか?スーパーで買ったまま洗えばOK?

長ネギはお鍋に入れたり薬味に使ったりと重宝しますが、ある論争が巻き起こりやすい野菜でもあります。 まずは、「長ネギの一番外側の皮を剥くべきか剥かないべきか」論争です。 調べてみると、「長ネギの皮は普段 …