Tasso

あなたの暮らしを今よりちょっぴりハッピーに

料理・食材

えのき氷の効果が出る期間は1か月以上!?中性脂肪にも効果的と話題に

投稿日:

えのき氷の効果が出る期間はどの効果を求めるのか。それによっても、変わってきます。

のちほど詳しくご紹介しますが、便秘改善の効果ならば、実感できるのは早いですよ!

詳しく見ていきましょう。



えのき氷の効果効能が出るまでの期間は?

えのき氷が効果は便秘に関しては効果が早く出やすいです。なぜならえのき氷は、食物繊維がかなり豊富だから。

お腹がゆるくなりやすい人は、一度に大量に摂ることを控えた方がいいと言われています。

かなり嬉し報告を発見しましたよ。↓

また、そのほかの効果を期待する場合は、だいたい1~2ヶ月くらいの期間が目安になります。

これは、東京農業大学の臨床試験の結果によるものです。

ただ、Twitter上の情報を漁っていると、1か月くらいでダイエットや花粉症の効果が出たよ!という話もありました。

他の要因もあるかもしれませんが、かなり期待できそうだなという感想。

1日に3個のえのき氷を摂るだけなので、簡単に続けられそうと思えますよね。

えのき氷は、そのまま料理に使うことができる、お手軽な保存食です。

ではそんなえのき氷の、期待できる効果については次にご紹介しますねー。

えのき氷に期待できる効果効能は?

えのき氷には、どれくらいの効果があるのでしょうか。

調べてみたところ、特に注目すべきえのき氷の効果が、5つありました。

えのき氷の効果は、

  • 便秘改善
  • 糖尿病の予防・改善
  • 体臭を抑える
  • 冷え性改善
  • 生活習慣病の予防・改善

になります。

便秘改善

えのき氷には食物繊維がたっぷりと含まれているため、便秘解消に効果が期待できます。

便秘が改善されることで、腸内環境が整い、免疫力アップの効果も。

また、お通じが整えば、美肌効果やダイエット効果にも期待が高まります!

6キロ旦那さんが痩せたという方もいましたよ。↓

糖尿病の予防・改善

これは、東京農業大学の江口文陽教授チームが、実際に自分たちの身体で実験しました。

えのき氷を12週間摂取して、その前後の血液検査を行ったのです。その結果、糖尿病にたいして効果が確認されました。

12週間「えのき氷」とえのき加工食品を摂取し、飲用前、飲用後、飲用中止後の血液検査を実施。その結果、「えのき氷」摂取による糖尿病の予防・改善に関する効果が確認され、その効果は飲用2カ月後から表れたという。一方、えのき加工食品ではほとんど効果がみられなかった。

https://news.livedoor.com/article/detail/9168153/

ここにも書かれてますが、この効果は、ほかのえのき加工食品では、ほとんど効果がみられなかったそうです。

理由は、えのき氷を作る過程が関係しているから。

えのきを細かくしたり熱を加えたり凍らせたりする中で、有効成分の効果が高まると考えられてるんですねー。

体臭を抑える

リラックス効果のある成分が含まれているえのきには、

ストレス対策の食品としても、期待が高まります。

ビタミンBが豊富なので、疲労回復にも効果的です。

自律神経のバランスが整えられれば、体臭を抑える効果が期待できますよね。

冷え性改善

えのき自体に、鉄分やカリウムなどがたくさん含まれています。

その栄養成分を凝縮して摂ることのできるえのき氷は、血流改善に効果的なんです。

血の流れをサラサラにして、冷え性や肩こりなどの緩和に役立ちます。

また、身体のむくみも解消できるので、ダイエット効果も期待できますね。

生活習慣病の予防・改善

えのき氷を摂っていると、悪玉コレステロール値が下がり、善玉コレステロール値が上がった、という研究報告もあります。

これは、さきほどの腸内細菌を整えるためにも大切なことですが、それだけではありません。

コレステロール値をコントロールできれば、いわゆる生活習慣病と言われている病気の予防・改善にも効果が期待できるようになります。

メタボリック症候群を改善したり、脂質異常による動脈硬化の予防などがその例ですね。

コレステロール値はバランスが大切ですが、それをえのき氷がサポートしてくれます。

えのき氷は花粉症にも効果的って本当?

たくさんの効果が期待できるえのき氷ですが、なんと花粉症対策としても有効だそうです!

えのき茸が主原料のえのき氷は、血流や脂質改善の効果が期待できることはわかりました。

それにプラスして、花粉症にまで役立つならば、これはぜひ試してみたいですね。

いつもの食事を準備するときに、えのき氷を1個追加するだけでいいんですから!

治験ボランティアによる実験なので、絶対に誰でも効果的!という訳ではありません。

それでも、毎年花粉症に悩む人にとっては、朗報ですよね。↓こんな感じで東京農大の方がちゃんと実証している

えのき茸の機能性試験は、「血流改善」の他に東京農大の江口教授との共同試験で「血清脂質改善効果」「花粉症改善効果」「抗高血圧効果」「糖尿病予防効果」が実証されている。

https://www.excite.co.jp/news/article/E1416561984307/?p=2

これもまた、東京農業大学の江口文陽教授による実験ですが、

スギ花粉の飛散時期にえのき氷を1ヶ月摂ることによって、

アレルギー反応が抑えられるという結果が出たそうです。

具体的には、血液中に含まれる免疫グロブリンEの検査値が、えのき氷を摂っていない場合と比べて、低い数値になりました。

免疫グロブリンEは、花粉症の症状の原因となるヒスタミンを放出させます。

ヒスタミンが多くなるほど、アレルギー反応に苦しむという仕組みです。

えのき氷は、ヒスタミンを放出させる役割の免疫ブログリンEが増えるのを抑えるため、花粉症にも効果的になるのは納得ですね。

↓テレビで取り上げられたこともあるらしい

また、えのき氷を摂り続けた被験者たちは、ナチュラルキラー細胞が増えたという結果もあります。

これは、免疫力アップや、アレルギー体質の改善に効果が期待できるということです^^

えのき氷の作り方

いろいろな効果が実証されている「えのき氷の作り方」に関して、以下の記事でまとめておきました。

基本はミキサーで細かく粉砕・ペースト状にして、鍋で1時間程度煮詰めて製氷皿へ…ですが

ミキサーなしの場合の作り方、圧力鍋を使用した時短方法についてもまとめておきましたー。

>>【圧力鍋で時短】えのき氷ミキサーなしの作り方

えのき氷の市販品

また、えのき氷は作るのが面倒くさい!という声にこたえてJA中野市から市販品も販売されています。

一袋に12ブロック入っています。1日の摂取量目安が3個なので、4日分ですね。

以下の商品は正規品で8袋セット(32日分)です。効果が期待できるのが1か月からなので一番ピッタリなサイズでした。

他にも5袋~36袋など色々な容量のものがありますよ。


まとめ

えのき氷の効果が出るまでの期間は大体1~2か月です。かなり気長に続ける必要がありそうですね。

ただ、便秘に関してはわりと即効性がありますし、長く続けると生活習慣病の改善につながるのが嬉しいところです。

市販品も販売されているようなので、気軽に続けていきたいですね。

-料理・食材

執筆者:


  1. […] >>えのき氷の効果が出るにはどれくらいの期間が必要?? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人参の皮むきは必要or不要?TVの影響で皮ごと食べる人が増加した説

人参の皮むきが必要だと考える人は、たくさんいます。 それには、いろいろな理由があるようです。 人参の表面は汚れているように見える。皮があると歯ごたえも変わるんじゃないか。でこぼこしていて、表面に割れな …

【高血圧】ごぼう茶の成分の効果が表れる期間は1ヶ月!?気長に継続が大切

ごぼう茶の効果が表れてくるのはだいた2週間程度と言われています。ただ、期待する効果によっても違いがあるようなので、効果効能と一緒に調べてみました。 Contents1 ごぼう茶の効果が出るまでの期間は …

レンコンが糸を引くのは新鮮な証拠!?繊維が出てくる理由とは

実はレンコンが糸を引くのはムチンという成分が原因です。新鮮さとは無関係。 レンコンと言えば、包丁で切ったときに糸を引くのは新鮮な証拠だと聞いたことはありました。 外から見てもなかなかそのレンコンが新鮮 …

黒にんにくはそのまま食べても果物みたいに美味しい!?一日3粒の健康習慣に

生のにんにくよりも、たくさんの栄養素が含まれる黒にんにくですが、 料理に使うのはもちろん、そのまま食べても大丈夫なのが、特徴になります。 この記事では黒にんにくの美味しい食べ方と一日の上限摂取量につい …

知っておきたい!茄子の皮が硬い時の調理法!栄養豊富な皮ごと食べよう

野菜の皮には栄養がたくさん含まれている、というのは聞いたことがあると思います。 ですが、茄子を食べる時に、皮が硬すぎて美味しくないってことありますよね。 そんな時にはついつい皮を剥いてしまいたくなりま …